2月16日(土)HEAT-UP道場マッチ 全試合結果

2019.02.16

HEAT-UP道場マッチ“点火 vol.12”
室田渓人プロデュース興行~原点回帰~

2019年2月16日(土)
12:00開場/12:30開始
会場:神奈川・稲田堤HEAT-UP道場
観衆:41名

▼第1試合 赤いマットのジャングルに
シングルマッチ 10分1本勝負
○飯塚優(4分50秒 片エビ固め)●清水来人
※ニール閃
お誕生日タッグとしてではなく、正統派で試合に臨んだ清水。飯塚の腕サブミッション、キックが清水のパワーと真っ向からぶつかっていく。叩きつけるようなボディスラム、カレリンズ・リフトなどで腰を攻めた清水。しかしロックボトムを切り返し丸め込み技をつないで慌てさせた飯塚がニール閃を叩き込んで勝利。

▼第2試合 燃え上がれ正義の心
シングルマッチ 10分1本勝負
○井土徹也(7分30秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)●イナダマン
井土の攻めにやや手こずるイナダマン。トライアングルランサーからWA4で反撃するが、フィッシャーマンから投げっぱなしドラゴン・スープレックス、ジャーマンとたたみかけた井土が勝利。試合後イナダマンが次回3月21日道場マッチを自身のプロデュース大会とし、最後の勇姿を見に来てくださいと宣言した。

▼第3試合 GOING-UP此処に在り
タッグマッチ 時間無制限1本勝負
ガッツ石島&○マスクドミステリー(18分29秒 体固め)●室田渓人&大谷譲二
※チョークスラム
室田がGOING-UP解散前にどうしてもやりたかったカードがこの日のメイン。室田も譲二も石島、ミステリーに感情むき出しで突っかかっていく。石島の右肩部分がドス黒く変色、ミステリーもいつも以上に鋭い打撃を打ち込んでいく。合体ヘッドバットや室田のダイビング・ヘッドバットで追い込む場面もあったが、久しぶりに繰り出した石島のデーモンボムで譲二を排除、サンドイッチ・ラリアットを室田に叩き込み、最後はミステリーのチョークスラムで完勝。
「今度対戦するときは覚悟しておけよ!」室田が叫ぶと石島は「俺たちはお前らが想像している以上の強さになって立ちはだかるぞ」と檄を飛ばす。最後は室田が音頭を取り「稲田堤、ゴーイングアップ!」で締めた。

大会後アンケートにご協力お願いします

SNSでこのページをシェアする
B!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク