11月24日(土)HEAT-UP宮前スポーツセンター大会 全試合結果

2018.11.24

灼熱王☆2018トーナメント一回戦

2018年11月24日(土)
17:00開場/18:00開始
会場:神奈川・宮前スポーツセンター
観衆:101名

▼第1試合 灼熱王☆2018トーナメント一回戦
シングルマッチ 15分1本勝負
○伊東優作(4分8秒 片エビ固め)●室田渓人
※鬼丸

ヘッドバット、エルボーを主武器にして攻める室田。優作の伊良部パンチをカウンターのヘッドバットで返し、すかさずブレーンバスターで投げ切ってみせる。室田の倒れこみ式ダイビング・ヘッドバットをかわした優作、煩悩ドライバーからバズソーキック、鬼丸と繋いでフォール勝ち。唯一の名古屋勢優作が二回戦進出。

▼第2試合 灼熱王☆2018トーナメント一回戦
シングルマッチ 15分1本勝負
○飯塚優(5分39秒 片エビ固め)●服部健太
※ニール閃

ゴングと同時に片足タックルから逆片エビ、股裂きと足首固めの複合関節技を極めた飯塚だが服部が意地で抜け出す。ニール閃をキャッチしドロップキックに繋いだ服部、立ち技や飛び技で劣勢をひっくり返す。耐えた飯塚が右ハイから逆襲、打撃のラッシュからニール閃を叩き込み、宿命の相手・服部を破り二回戦進出。

▼第3試合 灼熱王☆2018トーナメント一回戦
シングルマッチ 15分1本勝負
○松田慶三(11分11秒 回転十字固め)●マスクドミステリー

熱波エールを披露した慶三、場外戦からミステリーの腕に集中攻撃。余裕で試合を運ぶ慶三だが、ミステリーはダイビング・ラリアットから反撃。残り試合時間5分、ミステリーのチョークスラム、慶三ロックボトムがお互い不発。ロープに走った慶三がミステリーに絡みつき回転十字固めで3カウント。慶三が二回戦進出を果たす。

▼第4試合 灼熱王☆2018トーナメント一回戦
シングルマッチ 15分1本勝負
○黒田哲広(7分48秒 片エビ固め)●プリンス・カワサキ
※ラリアット

体格の差をプリンスはスピードでカバーしようとするも、黒田には通用せず。余裕の黒田は5分過ぎまで攻め続けるが、プリンスは場外に落ちた黒田にプランチャ、リング内に戻してミサイルキックと飛び技で反撃に移る。丸め込み連発からカワサキアタックを繰り出したプリンスだが、黒田のラリアットに沈む。黒田が二回戦進出。

▼第5試合 灼熱王☆2018トーナメント一回戦
シングルマッチ 15分1本勝負
○ガッツ石島(7分38秒 体固め)●渡辺宏志
※ゴーストバスター

ボディスラムで投げた渡辺に石島は「立てコラ!」と叫び精神的ダメージを与える。開始4分まではグラウンドや腕取りが続くが、石島のラリアットから展開が変わっていく。ワンハンド・バックブリーカーや塾長ドライバーを決めた渡辺だが、バックドロップを押し潰されラリアット、ゴーストバスターとたたみかけられ敗北。石島が二回戦進出。

▼第6試合 灼熱王☆2018トーナメント一回戦
シングルマッチ 15分1本勝負
○大谷譲二(13分40秒 腕極めノーザンライト・スープレックス・ホールド)●新井健一郎

アラケンはアームホイップで巻き込み譲二の腕を攻める。譲二も対抗するが、一旦離れると再び腕攻めに移るアラケンの徹底ぶり。10分経過まで執拗なアラケンの腕攻めに苦しむ譲二。ダブルスレッジハンマーをワキ固めで切り返した譲二はジャイアント・アームブリーカーを繰り出し逆腕攻め。最後は腕極めノーザンで3カウントを奪い下馬評をひっくり返す二回戦進出をもぎ取った。

▼第7試合 灼熱王☆2018トーナメント一回戦
シングルマッチ 15分1本勝負
○TAMURA(9分6秒 アンドレ)●井土徹也

ゴング直後から井土のエルボーとTAMURAのチョップが交錯、激しい立ち上がり。体重差を生かして攻める井土だが、TAMURAのパンチが腕にヒットするとそこから腕攻めに苦しむ。腕殺しに徹底するTAMURA、井土もアングルスラムを繰り出すが得意のジャーマンは封じ込められ、ラ・ミスティカからアンドレに繋いだTAMURAが勝利。二回戦進出を決めた。

▼第8試合 灼熱王☆2018トーナメント一回戦
シングルマッチ 15分1本勝負
○兼平大介(14分35秒 エビ固め)●定アキラ
※スパインバスターを切り返して

アキラのセコンドにはアラケン、レフェリーの注意を引くフォロー。コーナーに担ぎ上げてからのヒザ蹴りからペースを掴んだ兼平、場外ボディスラムでアキラを叩きつける。残り試合時間5分、両者のヒザが交錯しダブルダウン。リフトアンドニーからスパインバスターで叩きつけたアキラだったが、下から丸め込んだ兼平が逆転の3カウントを奪い二回戦進出。スモーキー勢は全員一回戦で姿を消した。

大会後アンケートにご協力お願いします

SNSでこのページをシェアする
B!