11月4日(日)道場マッチ“点火 vol.9”全試合結果

2018.11.04

道場マッチ“点火 vol.9”

2018年11月4日(日)
12:00開場/12:30開始
神奈川・稲田堤HEAT-UP道場
観衆:28名

▼第1試合 室田の覚醒~止めろ関節王~
シングルマッチ 10分1本勝負
○飯塚優(6分17秒 片エビ固め)●室田渓人
※ニール閃

試合前、飯塚から「室田さん、あなたのスタイル僕は好きです」と言って握手と敬礼。しかし「でもあなたの思い通りにはさせないんだこの野郎!」と蹴飛ばして試合開始。キックや関節技で腕を攻める飯塚、「効かねえんだよ」と強がる室田。コーナーに振られた室田、エプロンで何かを手にする。飯塚の愛読書「格闘技通信」。それを放り投げた室田、飯塚は呆然とする。その隙を突いて攻め込んだ室田だったが、飯塚はグルジア投げ、コブラクラッチから腕を引き戻して膝蹴りを入れるニール閃でフォール勝ち。

▼第2試合 ポルトガルvs稲田堤マスクマン対決!
シングルマッチ 10分1本勝負
○レッドイーグル(6分35秒 片エビ固め)●イナダマン
※ブレーンバスター

レッドイーグルは道場マッチ初登場。変則的な動きからアームホイップで何度も投げていく。ウラカンホイップからドロップキック、ニールキックと繋いでいくイーグル、顔面への低空ドロップキックを決めたイナダマンがWA4を決め反撃。イナダスプラッシュで決めようとするが、イーグルがかわして自爆。隙を突いたイーグルがエルボー、みちドラⅡ、串刺しビッグブート、ブレーンバスターとたたみかけてフォール勝ち。

▼第3試合 新木場~稲田堤へ1年越しのシングルマッチ~
シングルマッチ 10分1本勝負
△大谷譲二(時間切れ引き分け)△井土徹也

ロープ際に押し込んだ井土がチョップ、そこからリング中央でチョップ合戦に。譲二のチョップに井土は悶絶、ペースを掴んだ譲二はエルボー。ボディへのエルボーからDDT、ジョンウーからハーフハッチと流れを作る井土、ドロップキックをかわした譲二はみちドラⅡから強烈なエルボー、振り返った井土にチョップ一閃。井土もドロップキックを放つと両者ダウン。ジャーマン狙いの井土に譲二はカサドーラ、後頭部へのスライディングD、投げっぱなしドラゴン・スープレックス。もう一発スライディングDを狙ったがここで時間切れのゴング。

▼ボーナストラック
6選手参加バトルロイヤル時間無制限
○室田渓人(4分37秒 エビ固め)●イナダマン
※井土にラ・マヒストラルを決めたイナダマンごと押さえ込む

井土が引き分けでは納得いかないと延長戦を要望、すると何故か室田も「延長やりたいです」と割って入ってくる。飯塚、イナダマン、イーグルも入ってきてバトルロイヤルが開始される。隠し持っていた格闘技通信を放り投げた室田、追いかける飯塚がロープを超え最初に退場。串刺し攻撃をかわされたイーグル、譲二が相次いで退場。井土と室田が組むが、ことごとく裏切る井土に怒る室田。仲間割れに隙を突いてイナダマンがラ・マヒストラル。室田も押さえ込み、イナダマンごと丸め込んでカウント3。室田が見事バトルロイヤルを制した。

大会後アンケートにご協力お願いします

SNSでこのページをシェアする
B!