8月12日(土)HEAT-UP後楽園ホール大会にて星の投影『プロレスリウム』を決行

2017.06.20

6月15日、横浜市都筑区にある大平技研にて、ギネス・ワールド・レコーズに認定されたプラネタリウム投影機”メガスター”シリーズの開発者である大平貴之氏とHEAT-UP代表・田村和宏が会見を行った。

『プロレスで社会貢献を』を掲げるHEAT-UP。地元活性化の一環で田村の地元・川崎市多摩区にある生田緑地プラネタリウムのPRを行う。
大会では『大平技研プレゼンツ・ロイヤルランブル』を行い、大平技研が総力を集結し開発したマスクマン『メガスターマン1号』を登場させると発表した。

田村と大平氏のコメントは以下の通り。

田村「HEAT-UP後楽園ホール大会まで残り2ヶ月を切りまして、一つ発表があります。プロレスの聖地と呼ばれる後楽園ホールですが、そこでも”まちづくり”を兼ねた大会にしたい。実は自分の家の近所にプラネタリウムがありまして、投影される星の数が世界一…いや、宇宙一のすごいプラネタリウムなのです!自分もプラネタリウムが好きで、子供の頃よく行かせてもらったものです。開発者の大平さんに”プラネタリウムをPRした大会を行い、プロレスファンに地元をもっと知ってもらいたい”と相談した所、快く承諾していただけました。大平さんも小さい頃生田緑地のプラネタリウムに行っていたそうで、意気投合しました。今回大平さんの協力を得て、後楽園ホールで星の投影を実施します!本日は大平さんもご同席されていらっしゃるので紹介いたします。数々の賞を受賞されている世界的なプラネタリウム・クリエイターの大平貴之さんです。」

大平「大平です。このメガスター(星の投影機)は川崎で生まれて、世界中様々な場所で星を見せて、いろいろな世界で闘ってきました。音楽ですとか、サッカーですとか、いろんな世界に出てきました。メガスターがプロレス界でどんな闘いを魅せるのか、メガスターの闘いを是非皆様に見てもらおうと思います。宇宙最強のプラネタリウムをお見せします。」

田村「後楽園ホール大会のオープニングで星の投影を行いたいと思います。」

大平「ド頭で星をバーン!と出します。宇宙最強のプラネタリウムをお楽しみに!」

田村「そして、大会では大平技研プレゼンツのロイヤルランブルを行います!」

大平「僕闘っていいですか?ボクシングやってるんですが。ハハハ。」

田村「大平さん出場します!?」

大平「いや、僕が出ちゃうと異種格闘技戦になってしまうので…大平技研で開発したマスクマン『メガスターマン1号』を投入したいと思います!」

田村「メガスターマン1号ですか?」

大平「1号です!ヒットすれば2号、3号と…」

田村「大平さん気合入ってますね!その熱意、僕らも返さなければなりません!大平さんがメガスターマンを開発しているのであれば、こちらは藤波親子をこのロイヤルランブルに投入します!」

大平「ドラゴンですか?すごいですね!これは見逃せません!」

田村「後楽園ホール大会を盛り上げるためにも、ドラゴンとメガスターマンの闘いに期待しましょう!!大平さん、後楽園ホール大会よろしくお願いします!」

二人「大平技研、ヒートアップ!!」

この会見により、8月12日 HEAT-UP後楽園ホール大会にて『大平技研プレゼンツ・ロイヤルランブル』が追加カードとして決定。参戦選手として藤波辰爾、LEONA、ロイヤルスターマン1号が発表された。

▼大平技研プレゼンツ ロイヤルランブル
《決定分出場予定選手》
藤波辰爾、LEONA、メガスターマン1号

SNSでこのページをシェアする
B!