10月27日(日)HEAT-UP道場炎上シリーズ 井土徹也プロデュースDAY 全試合結果

2019.10.27

HEAT-UP道場炎上シリーズ 井土徹也プロデュースDAY

2019年10月27日(日)
12:00開場/12:30開始
会場:神奈川・稲田堤HEAT-UP道場
観衆:47名

▼第1試合
タッグマッチ 20分1本勝負
○大谷譲二&洞口義浩(10分51秒 エビ固め)清水来人&●浦博旭
※スライディングD

DEPの浦博旭が道場初登場。武者修行帰りの清水になぜかたじろぐ大谷、浦はなぜか相手の大谷コールを場内に煽る。大谷のチョップが炸裂すると浦が捕まる。脱出し清水に交代、洞口にライトリフト。終盤グロッギーの大谷を浦が捕らえ清水がラリアット、これが同士討ち。洞口が清水を釘付けにする間、大谷が浦にスライディングDを決めて勝利。

▼第2試合
シングルマッチ 20分1本勝負
○兼平大介(5分18秒 百万石)●飯塚優

ドロップキックからグルジア投げを放った飯塚が先制。ワキ固めからコブラクラッチ、ニール閃を放つ飯塚だが兼平は一本背負いで切り返す。膝で流れを戻した兼平はタイガードライバー、膝をかわした飯塚はコマンド・コンボ。耐えた兼平、ブラックカントリーで突き刺しチキンウイング、そこから百万石(変形のヘッドシザース)で絞り込むと飯塚ギブアップ。

▼第3試合
シングルマッチ 30分1本勝負
○定アキラ(20分18秒 体固め)●井土徹也
※スパインバスター

アキラは外から入場し観客の意表を突く。ブレイクの際井土が張り手、キックで攻めるがアキラは強烈なエルボーから場外戦へ。ヘッドバットでダウンを喫した井土、気合でブレーンバスターを決めるとお返しの場外戦。だがそこはアキラが一枚上、リング内でモロに椅子攻撃を食らうと井土再びダウン。互いの得意技応酬で両者ダウン、壮絶なしばき合いから井土ジャーマン、アキラお返しのヒザ蹴りからリバース・ブレーンバスター。最後まで抵抗した井土だが、ダメ押しのスパインバスターでアキラ勝利。
試合後灼熱王でのリベンジを誓った井土だが、「そんな小せえことが目標か、がっかりだぜ」と返すアキラ。更に「このHEAT-UP、お前とか飯塚、お前らが中心になれ。灼熱王の頂点には俺が立つ。(観客に)新しい風景を見たかったら見に来いよバカ野郎。」と告げ待たせた車に乗りアキラは去っていった。

大会後アンケートにご協力お願いします

SNSでこのページをシェアする
B!