7月15日(月・祝)HEAT-UP王子大会 全試合結果

2019.07.15

プロレスリングHEAT-UP7月王子大会

2019年7月15日(月・祝)
18:30開場/19:00開始
会場:王子・BASEMENT MON☆STAR
観衆:92名

▼第1試合 Let’s Go KAWASAKI
シングルマッチ 15分1本勝負
○YUJI KITO(7分53秒 エビ固め)●プリンスカワサキ
※ラ・マヒストラルを切り返して

試合前から「お前は誰なんだ?」とプリンスの正体を気にするKITO。ロープ越しにプリンスを捕まえるとマスク剥ぎに出る暴挙。これでペースを崩されたプリンスだが、アストロシザースから反撃に出る。カワサキアタックから丸め込みを連発したプリンスだが、マヒストラルを切り返されてフォール負け。試合後もマスク剥ぎに出たKITOは8月25日カルッツでプリンスの正体を暴くと宣言した。

▼第2試合 王子の王子達による王子の闘い
タッグマッチ 20分1本勝負
○井土徹也&たけむら光一(9分49秒 逆さ押さえ込み)藤原ライオン&●佐山駿介
試合後、井土が8月25日カルッツかわさき大会での対田中将斗戦に名乗りを上げる。観客の支持を得たためシングル対決が決定。

試合前、たけむらが師範を勤める打撃武道我円の門下生による演武。ライオンはたけむらと門下生を挑発するように暴言を吐く。たけむらとライオン、井土と佐山という対決が目立つ中、ライオン&佐山の連携が誤爆。たけむらが佐山に廻し蹴りを叩き込みフォロー、一瞬の逆さ押さえ込みで井土が佐山からピンフォール勝ち。
敗れた佐山は試合後も井土に詰め寄り戦いの継続を示唆させる。マイクを握った井土は「2年後、3年後も同じステージにいる気はない」と8月25日カルッツかわさき大会に特別参戦する田中将斗とのシングルマッチを宣言。TAMURA代表の「お客さんが望むなら」の言葉から観客の支持を得たため田中と井土の一騎打ちが決定した。

▼第3試合 Road to 25th~塾長の軌跡~
シングルマッチ 30分1本勝負
▲渡辺宏志(15分1秒 両者リングアウト)▲松田慶三

両者のシングル対戦は初。セコンドに就いたKITOは何故か渡辺を応援する。慶三の執拗なヘッドロックから虚をついたダイヤル固め、念仏ブレーンバスターが渡辺を襲う。雪崩式を阻止した渡辺は塾長ドライバーから反撃。ロープ越しのコブラツイストを決めた渡辺だが、腰投げで返した慶三と共に場外へ。リング内に戻ろうとする慶三だが渡辺がタイツを引っ張り半ケツ状態のままカウント20で戻れず両リンに。
試合後9月1日にぎわい座への出場を希望した慶三だが、スケジュールの都合で断念。何故かリング内で小突き合う両者、ラリアットをかわした渡辺がバックドロップ。場外に転げ落ちた慶三は「遠くから大会の成功を祈らせてもらうぜ!」とエールを送り去っていった。

▼第4試合 HEAT-UP対2AW~川崎対千葉の仁義なき戦い~
6人タッグマッチ 45分1本勝負
吉田綾斗&タンク永井&○花見達也(13分52秒 逆片エビ固め)兼平大介&大谷譲二&●飯塚優
試合後、花見が吉田と組んでユニバーサルタッグに挑戦を表明。ヤマネコが了承したためカルッツかわさきでのタイトルマッチが決定。

両軍固い握手を交わし、兼平と吉田が先発して試合開始。強引に交代した花見だがあっさり兼平に投げられヤマネコお届けプレスの餌食に。タンクは飯塚を軽々と放り投げ、吉田との合体攻撃から花見の逆片エビに繋ぐ。大谷は花見の逆片エビを首固めで丸め込みフィッシャーマン。ヤマネコの連携、2AW勢の合体攻撃からリング上は飯塚と花見へ。ニール閃をガードした花見、ロープに走る飯塚を捕らえて逆片エビで勝利。
自力で勝利した花見を讃える吉田とタンク。勢いづく花見は吉田と組んでヤマネコの保持するユニバーサルタッグへの挑戦を表明。大谷、兼平も了承したため8月25日カルッツでのタイトルマッチが決定。

▼第5試合 DEPタッグ選手権試合
タッグマッチ 60分1本勝負
《王者組》○TAMURA&伊東優作(16分51秒 片エビ固め)●バリヤンアッキ&仲川翔大《挑戦者組》
※ムーンサルト・プレス。平成白虎隊が初防衛に成功。
9月15日名古屋大会にてDEPタッグ選手権試合を行うとTAMURAが発表。

先制したのはアッキ&仲川、TAMURAを捕らえて強制ナマステ固め。アッキはTAMURAの腰をバックブリーカーで攻める。勢いに乗るアッキはTAMURAと優作を場外に落としてトペ・コンヒーロ。仲川のスワントーンを自爆させた優作は閃光魔術、キックをキャッチしてドラゴンスクリュー。TAMURAは斧爆弾をアッキに叩き込むが、アッキは久々に繰り出すCrescent moonで反撃。ナマステプレスを両膝で迎撃したTAMURA、優作との合体攻撃からバズソー、月面水爆に繋いでフォール勝ち。
DEPタッグ王座V1を達成した平成白虎隊、TAMURAは「優作とのタッグはしっくりくる。また防衛戦やろう。カルッツは決まっちゃっているから…9月15日、名古屋で。優作のお膝元名古屋で防衛戦やろう!」と宣言。改めてカルッツでマックスとの二冠戦を宣言したTAMURA、無茶振りで井土に大会を締めさせた。

大会後アンケートにご協力お願いします

SNSでこのページをシェアする