6月9日(日)HEAT-UP御殿場大会 全試合結果

2019.06.09

御殿場こども帝国2019

2019年6月9日(日)
12:00開場/13:00開始
会場:静岡・御殿場市民館小ホール
観衆:113名

▼第1試合 ヒートアップ版異種格闘技~悪vsU~
シングルマッチ 20分1本勝負
○新井健一郎(10分55秒 前方回転エビ固め)●飯塚優

飯塚を小馬鹿にしたような表情のアラケン、いきなりコブラからグラウンドで丸め込む。それを腕極めで返した飯塚、すかさずアラケンロープへ。闘志みなぎる飯塚、はぐらかすようなアラケンに積極的な腕攻め。コーナーにアラケンを追い込んだ飯塚、村杉レフェリーの制止を振りほどく。そこをあざ笑うかのようなアラケンの回転エビ固めでカウント3。

▼第2試合 川崎 to 御殿場~繋ぐ友情~
タッグマッチ 30分1本勝負
大和ヒロシ&○プリンスカワサキ(14分5秒 首固め)KAMIKAZE&●清水来人

KAMIKAZEと大和からスタート、コーナーから交代をアピールする清水に根負けしたKAMIKAZEがタッチ。清水の気合い入れポーズを真似して大和とプリンスが合体攻撃。大和がプリンスに檄を飛ばす場面でも同様のポーズ。KAMIKAZEのムーンサルトからライトリフトを決め健闘する清水だが、大和のスライディングXからプリンスに丸め込まれて敗退。

▼第3試合 日本vsインド~若き虎達~
シングルマッチ 30分1本勝負
○バリヤンアッキ(12分2秒 片エビ固め)●井土徹也
※ファイヤーバード・スプラッシュ

井土のドロップキックを食らったアッキ、バネを殺すためか膝への低空ドロップキックから足殺しに徹底する。場外に井土を放り投げてノータッチ・トペコンから長距離ボディプレスを繰り出すアッキ。両膝で迎撃した井土はキックからフィッシャーマン。だがジャーマンを封殺したアッキはコーナーの井土に連続攻撃。最後はファイヤーバードを炸裂させ3カウントを奪った。

▼第4試合 関節の鬼現る!~藤原組長、御殿場襲来!~
6人タッグマッチ 45分1本勝負
○藤原喜明&TAMURA&伊東優作(17分15秒 脇固め)松田慶三&YUJI KITO&●渡辺宏志

御殿場初のパネッパを披露した慶三、先発した藤原が張り手と頭突きでダウンを奪う。藤原のハッスルぶりにTAMURA、優作も続く。優作を捕まえたKITOと渡辺、子ども達の協力を得てひどい目に遭わせる。藤原は一本足頭突きの乱れ打ち、対して渡辺はTAMURAに塾長ドライバー。空中猛虎落としからタッチを受けた藤原は渡辺の腕パンチをキャッチし脇固めでフィニッシュ。試合後も慶三を脇固めに捕らえるなど大暴れ。

▼第5試合 HEAT-UPユニバーサルタッグ選手権試合
タッグマッチ 60分1本勝負
≪王者≫兼平大介&○大谷譲二(22分38秒 腕決めノーザンライト・スープレックス・ホールド)ヒデ久保田&●定アキラ≪挑戦者≫
※ヤマネコ宅急便が初防衛に成功。

スモーキー側にはアラケン、ヤマネコにはアッキと近藤洋史さんがセコンドに。序盤はスモーキーの連携をかいくぐっていたヤマネコだが、アラケンの加入に近藤さんも巻き込まれて劣勢に。巻き返しを図るヤマネコだが、連携攻撃を同士討ちにされ再びピンチに。村杉レフェリーの足を引き場外に落とすヒデ、アキラアラケンがベルトを強奪し譲二に叩き付けようとする。これを近藤さんが決死のカット、strike of the kneeとスライディングDの同時攻撃をアキラにヒットさせ、とどめは譲二の腕決めノーザン。HEAT-UPがスモーキーに昨年の雪辱を果たした。

初防衛に成功したヤマネコ、挑戦者を募ると何故か清水来人がリングへ。そこにIWA熱波軍が乱入、清水に合体ネックブリーカーをぶっ放して排除。改めて挑戦者チームとして名乗りを上げた熱波軍、ヤマネコも合意したため7月6日横浜にぎわい座大会でのタイトルマッチが決定した。

大会後アンケートにご協力お願いします

SNSでこのページをシェアする