TAMURA

TAMURA

TAMURA

身長:160cm

体重:75kg

生年月日:1980年2月5日

デビュー戦:2003年9月17日 東京・北沢タウンホール vs 長瀬館長 & 空手マシーンスペシャル(パートナーは森山大)

得意技:ミノルスペシャル、バズソーキック、アックスボンバー

入場テーマ曲:My First Kiss/Hi-STANDARD

主なタイトル歴:第3代/第5代/第9代STYLE-E無差別級、第3代/第5代GWCシングル王座、初代FTO認定ローカルインディタッグ(パートナーは佐野直) 、初代/第5代HEAT-UP認定ユニバーサル王座、初代HEAT-UP認定ユニバーサルタッグ王座、初代PWL WORLD CHANPIONSHIP

2003年PWC北沢タウンホール大会でデビュー。持ち前の運動神経とプロレスに対する情熱でSTYLE-Eの中心選手として頭角を現し、2007年4月21日のユニオン対抗戦の中でアックスボンバーズ同期のisami(現・木高イサミ)を破り、第3代STYLE-E無差別級王者となる。その後、西調布を舞台に大家慶次郎(=大家健)や藤田ミノルと繰り広げた抗争はファンを魅了した。他団体ではガッツワールドでのシングルベルトを2度戴冠、コラソンプロレスでは、あの新日本プロレス・永田裕志との一騎打ちも行う。

STYLE-Eでの最後の闘いでは誰も勝てなかった宿敵・新井健一郎を倒し、第9代STYLE-E無差別級王者となり有終の美を飾った。そして2013年、己の理想を追求するためHEAT-UPを旗揚げする。2014年には藤波辰爾、田中稔とのシングルマッチを実現。2016年には新たに創設された団体のフラッグシップベルト・HEAT-UPユニバーサル王座の初代王者に輝き、同年10月には川崎市最大級の会場である「とどろきアリーナ」でのビッグマッチを実現させた。

2017年にはプロレスの聖地・後楽園ホールへ進出し、ここでも大成功を収める。2018年には世界進出を念頭にアルファベット表記で“TAMURA”とリングネームを改名。2019年にヨーロッパ遠征を行い、現地でPWL WORLD王座を獲得。同年10月のビッグマッチ「カルッツかわさき」大会ではマッドドッグ・マックスに渡っていたHEAT-UPユニバーサル王座を奪い返し、二冠王者となった。

2020年からのいわゆる“コロナ禍”においてはyoutubeでの配信マッチを積極的に行うなど、団体のリーダーとして常に攻めの姿勢を貫く“灼熱の伝道師”だ。

選手プロフィールトップに戻る

SNSでこのページをシェアする
B!