6・13HEAT-UP高島平大会 全試合結果

【Road to 新宿フェイス~高島平HEAT-UPこけら落とし~】
日時:2015年6月13日(土)
開場18:00/開始18:30
会場:東京・高島平区民館ホール
観衆:113名(満員)

▼オープニング
てっしー手島レフェリーと弥武芳郎リングアナによる前説が終了しようとした時、コンビ芸人牙一族が予告通り乱入。
「俺たちのシマで何勝手にプロレスやってるんだ!俺たちは西口プロレスに何度も出場しているんだぞ!!」
と、何故かリング上で兄貴とキバジが試合をする事に。レフェリーはてっしー、しかし何故か試合に巻き込まれるてっしー。最後は何故かてっしーがキバジを丸め込み、兄貴が3カウント。
「なんでお前が勝つんだよ!」と突っ込む兄貴、そこでてっしーは牙一族のギャグ「あべし」を披露したため何故か牙一族対てっしーの一発ギャグ対決に発展。両者のネタが空回り状態となり、会場内が妙な空気に包まれると田村和宏が登場、最後は牙一族&てっしーが秘孔を突かれて「あべし!」選手入場式になだれ込んだ。

20150613_2734
▼第1試合 “オープニングド根性~高島平ヒートアップ!~”
タッグマッチ 20分1本勝負
○岩本煌史&近藤”ド根性”洋史(16分21秒 テキサス・クローバー・ホールド)関根龍一&●仲川翔大

20150613_8116
▼第2試合 “あの日、あの時のメモリアル”
マスカラ・コントラ・逆モヒカン 20分1本勝負
○渡辺宏志(11分14秒 体固め)●無宿の「赤虎」
※バックドロップ
試合前、今まで赤虎に散々恥をかかされてきた渡辺が「今日俺が勝ったら、お前の一番大事なものを取ってもらう」とマスク剥ぎを宣言。赤虎は「だったらお前が負けたら逆モヒカンにしてもらうぞ!」と同意したため、急遽ルール変更。
「お前の得意なレスリングで勝負してやる!」と言い放った赤虎だが、当然の如く無宿の面々が試合に介入し窮地に追い込まれる渡辺。しかし一発逆転のバックドロップで赤虎から堂々のピンフォール勝ち。
敗れた赤虎は潔く渡辺にマスクを取らせると、ガッチリと握手を交わす。そしてマイクを取った赤虎は…
「健さん、兄弟、みんな、俺は旅に出る。ちょっとの間無宿を離れるけど、CHANGOが戻ってくる頃には俺も帰ってくる。」と告げる。更に「渡辺さん、赤虎のマスク、確かに預けましたよ!」と言いリングを去っていった。

20150613_8185
▼第3試合 “Nova’s Challenge”
シングルマッチ 30分1本勝負
○木高イサミ(14分07秒 卍式六八九)●兼平大介

20150613_5087
▼第4試合 “高島平こけら落とし記念特別バトル~HEAT-UP&Jボーイズ連合軍vs無宿~”
4対4イリミネーションマッチ 時間無制限
田村和宏&アミーゴ鈴木&○山田太郎&タケシマケンヂ(HEAT-UP軍の一人残り)新井健一郎&PSYCHO&那須晃太郎&●SHINYA ISHIDA
※退場順(時間はマラソンタイム)
①アミーゴ(3分16秒 OTR)PSYCHO
②那須(4分47秒 ハイキック→片エビ固め)タケシマ
③新井(9分16秒 OTR)アミーゴ
④田村(15分26秒 OTR)那須
⑤ISHIDA(17分43秒 PSYCHOのハイフライバム→片エビ固め)田村
⑥山田(22分19秒 OTR)新井
⑦山田(23分38秒 カンクーントルネード→片エビ固め)ISHIDA

▼エンディング
勝負が決すると無宿がリング内で暴れまわる。無法地帯となったリング、そこに赤虎が姿を現す。赤虎は無宿の面々を華麗な空中殺法で一蹴、場外にエスケープしたアラケンがマイクを握る。
「お前らHEAT-UP軍はオーバー・ザ・トップロープルールじゃないと俺たちに勝てないんだよな。それと赤虎!お前の正体は…もうわかってるけどな、そっち(=HEAT-UP側)に付くなら敵だ。覚悟しておけ。」
無宿が去ると「オイ!今日勝ったのは俺だ!」と山田が自己主張。
「スーパーJボーイズの野望、HEAT-UPのメインで勝利する事は達成した!次は田村だ!HEAT-UPのメインイベントで田村和宏とシングルマッチ、そして勝利する!田村!俺に挑戦してこい!!」と宣戦布告。
田村も「おおいいぜ、やってやろうじゃないかよ!」と受けて立つ。かくして次回王子大会、メインで田村和宏対山田太郎のシングルマッチが決定した。

【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

kakihara-bokin

B!

You May Also Like