兼平の王座挑戦は4月か5月の新百合で実施!2月25日(日)今池プロレスでの勝者に

2017.12.21

12月17日相模原大会のメイン『次期挑戦者決定戦』に勝利した兼平大介のHEAT-UPユニバーサル王座挑戦は、タッグトーナメントシリーズ終了後の4月7日または5月16日の新百合ヶ丘大会となる。現王者ノリ・ダ・ファンキーシビレサスの希望により、2月25日の今池プロレスでの防衛戦が決まったため(挑戦者は前日2月24のHEAT-UPスポルティーバ大会で決定)、今池プロレスで実施されるタイトルマッチの勝者に兼平大介が挑戦する。

この件に関してHEAT-UP代表・田村和宏のコメントは下記の通り。

田村「どうも、社長に就任しました田村です。兼平のタイトルマッチですが、来年“川崎炎上”を掲げているHEAT-UPとしては、どうしても川崎でやって欲しい。ちょうど1月~3月はタッグトーナメントの季節になっていますので、その先の4月または5月の新百合ヶ丘で兼平に挑戦させます。まっ、それまで長いのでノリ・ダ・ファンキーシビレサスの要望も聞いて、2月25日今池プロレスでの防衛戦を許可しました。誰にするかは私にも経営者としての秘策があるのよ。ふっふっふっ。私にとってはタッグもシングルも総なめにするチャンス! ふっふっふっ。お楽しみに★ 拙者は経営者!」

SNSでこのページをシェアする
B!