9月1日(日)HEAT-UP横浜大会 全試合結果

2019.09.01

渡辺宏志 デビュー25周年記念大会

渡辺宏志 デビュー25周年記念大会

2019年9月1日(日)
12:00開場/12:30開始
会場:横浜 にぎわい座B2階のげシャーレ
観衆:98名

▼第1試合 地元代理戦争~横浜対大和~
シングルマッチ 15分1本勝負
○松田慶三(8分13秒 エビ固め)●佐山駿介
※前方回転エビ固めを切り返して

佐山は恒例となっている慶三によるパネッパの儀式をドロップキックでぶち壊してしまう禁断の先制攻撃。地元である横浜での試合とあって金星を挙げたい佐山はキックを主武器に攻め込む。一方慶三はサミングや耳への噛みつきなど反則攻撃を交えながら徐々に大技でたたみこむ。慶三ロックボトムは防がれるが、佐山の回転エビを切り返すキャリアの差が出た勝利。

▼第2試合 異次元対決~スモーキーマックス!~
シングルマッチ 20分1本勝負
○MAD DOG MAXX(15分53秒 逆さ押さえ込み)●定アキラ

相手がスモーキーの定アキラであろうが、マックスの変幻自在なレスリングは健在。アキラは余裕の現れか、序盤マックスのレスリングに付き合う。予想外の展開にアキラのトーキックから試合は動き出す。マックスの粘りにアキラは滅多に出さない人間風車を繰り出すがカウント2。アームホイップを切り返したマックスが逆転のバックスライドで勝利をものにした。

▼第3試合 ヤマネコ宅急便対国際郵便
タッグマッチ 30分1本勝負
兼平大介&○大谷譲二(12分42秒 片エビ固め)Red Eagle&●JayKnox
※スライディングD

兼平を相手に小気味良い動きで翻弄するイーグルに対し大谷は尊敬しているような小芝居を打つがあっさり見破られDDTを食らう。ジェイは兼平をコルバタやモンキーフリップで投げるとインプラントDDTで叩きつける力技も見せる。健闘した外国人勢だったが兼平のラリアットで分断され、孤立したジェイがヤマネコの連携攻撃から大谷のスライディングDをまともに食らい敗戦。

▼第4試合 平成白虎隊α対コマンドヤンキースα
6人タッグマッチ 45分1本勝負
○TAMURA&伊東優作&戸井克成(15分1秒 片エビ固め)浪口修&飯塚優&●清水佑
※アックスボンバー

井土徹也の欠場により急遽浪口修が本大会初出場を果たす。チャンスとばかりにTAMURAを挑発する浪口、それに乗ったTAMURAとバチバチな打撃合戦。その熱さを消すまいと奮闘したのが清水佑、ムキになってTAMURAに突っかかる。飯塚のフォローもありTAMURAを逆片エビに捕らえた清水、しかし優作のカットからベテラン戸井が勢いを断つゴッチ式パイル。一気に流れを引き寄せたTAMURAが斧爆弾で勝利。

▼第5試合 渡辺宏志 デビュー25周年記念試合
シングルマッチ 60分1本勝負
○タイガー戸口(10分46秒 片エビ固め)●渡辺宏志
※ツームストーン・パイルドライバー

第5試合 渡辺のセコンドにはHEAT-UP全員が、戸口には戸井克成が就く。渡辺が見上げるような戸口の巨体、膝をついた状態でもアームホイップで軽く投げ飛ばされてしまう。なかなか師匠を攻略できない渡辺、そこに戸井がちょっかいを出してくるのだからたまらない。リングに上がった戸井は戸口が押さえる渡辺にトラースキック、これが誤爆。すかさず塾長ドライバーで戸口を投げ切った渡辺だったが、直後のダッシュをキャッチされツームストンを食らいフォール負け。
リング下でウィナーコールを受けた戸口、渡辺が駆け寄ると熱い抱擁。マイクを握った渡辺は「戸口さんとの出会いから8年、これがなかったら今私はこのリングに立っていなかったことでしょう」と語る。「戸口さん、またこの続きをいつかやりましょう」と強く再戦を望んだ渡辺、自らの締めの後胴上げを受ける表情は本当に明るいものであった。

大会後アンケートにご協力お願いします

SNSでこのページをシェアする
B!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク