3月17日(日)HEAT-UP王子大会 全試合結果

2019.03.18

パワフルタッグリーグ☆2019公式戦

2019年3月17日(日)
18:30開場/19:00開始
会場:東京・王子BASEMENT MONSTAR
観衆:83名

▼第1試合 イナダマン王子ラストマッチ!
シングルマッチ 15分1本勝負
○洞口義浩(9分27秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)●イナダマン

イナダマンが場外へのプランチャを放ち先制、洞口は胸板へのミドルキックから引き戻し式エルボーバット。王子でのラストマッチで勝ちたいイナダマンはトライアングルランサーやイナダボンバーからWA4で勝負に出るが、こらえた洞口がスピンキック、二段蹴りから得意のジャーマンを決め勝利。イナダマンは有終の美を飾れず。

▼第2試合 灼熱パワフルタッグリーグ2019~Bブロック公式戦~
タッグマッチ 20分1本勝負
松田慶三&○YUJI KITO(3点)(17分31秒 片エビ固め)●室田渓人&KAMIKAZE(0点)
※バルス

KAMIKAZEを意識する慶三、ムキになってその慶三に突っかかる室田。KITOにKAMIKAZEのムーンサルトから室田のバックドロップが決まり初勝利かと思わせたが、二度目のダイブ頭突きを自爆させた室田に熱波軍の連携攻撃が立て続けに炸裂。逆エビに耐え丸め込みを連発した室田だが、最後まで冷静だったKITOのバルスで勝負あり。

▼第3試合 灼熱パワフルタッグリーグ2019~Aブロック公式戦~
タッグマッチ 20分1本勝負
兼平大介&大谷譲二(2点)(15分8秒 片エビ固め)●渡辺宏志&黒田哲広(0点)
※strike of the knee

猛威を振るっていた譲二のチョップを涼しい顔で受ける黒田、鉄柱足殺しから渡辺と共に兼平の足を攻め優位に立つ。兼平への塾長ドライバーを譲二がスライディングDでカットし、黒田のラリアットをかわした兼平がバックドロップで叩きつけ分断させたヤマネコ宅急便。最後は兼平が渡辺に膝を突き刺して勝利、優勝戦線に踏みとどまった。

▼第4試合 灼熱パワフルタッグリーグ2019~Aブロック公式戦~
タッグマッチ 20分1本勝負
ヒデ久保田&○定アキラ(4点)(15分20秒 エビ固め)TAMURA&●伊東優作(2点)
※スパインバスター

優作の突進を避けたヒデ、スモーキーが場外乱闘から優作を捕まえて優勢に。平成白虎隊はTAMURAが奮闘、優作との連携でヒデの腕を攻めるがロープに逃げられる。アキラの横っ面を蹴り飛ばした優作、しかしカウントを入れる村杉レフェリーを場外に引きずり出すヒデ。アキラはクロスカウンターのナックルからスパインバスターで優作に勝利、「負けなしは俺たちだけだ!」ヒデ久保田が優勝宣言。

▼第5試合 灼熱パワフルタッグリーグ2019~Bブロック公式戦~
タッグマッチ 20分1本勝負
井土徹也&○飯塚優(3点)(14分27秒 TKO勝ち)SAGAT&●中野貴人(2点)
※コマンド・コンボ(スタンドの丸め込みから変形スリーパー)→レフェリーストップ

大柄のSAGATに対して攻めあぐねるコマンドヤンキース、そこに中野も付け入り飯塚を捕まえていく。SAGATのバックドロップが井土に、中野のクリストが飯塚に絡みつくなど中盤はBASARA勢が攻める。飯塚&井土は中野にサッカーボールキックの挟み撃ち、中野を捕らえた飯塚はスタンドから丸め込みを連発し腕極めスリーパー。動けなくなった中野を見たてっしーがストップ、飯塚&井土は熱波軍と並びBブロック首位に。

大会後アンケートにご協力お願いします

SNSでこのページをシェアする