7月28日(土)HEAT-UP板橋グリーンホール大会 全試合結果

2018.07.28

7月28日(土)HEAT-UP板橋グリーンホール大会 全試合結果

インターナショナルシリーズin板橋

2018年7月28日(土)
17:30開場/18:00開始
東京・板橋グリーンホール
観衆:114名

▼第1試合 HEAT-UP流ストロングスタイル~ワシが宏志塾塾長渡辺宏志だ!~
シングルマッチ 15分1本勝負
○渡辺宏志(6分30秒 逆エビ固め)●室田渓人

初のシングルマッチ。食らいついていこうとする室田を要所でいなしペースを握らせない渡辺。
中盤コブラツイストを河津落としで切り返し、大技攻勢でたたみかけた室田。だがブレーンバスターを切り返されドロップキックからワンハンド・バックブリーカーを2発食らい腰に大ダメージを負う。最後は逆エビ固めの前にギブアップ、塾長の一点集中攻撃講義をその身で味わった室田であった。

▼第2試合 It’s a 宇宙空間~ファンタジーワールド~
タッグマッチ 20分1本勝負
PSYCHO&○CHANGO(11分48秒 片エビ固め)マスクドミステリー&●飯塚優
※画竜点睛

PSYCHO&CHANGOは石田慎也を引き連れ、自分たちの新チーム名Melt Brain Dancingの団旗を掲げて入場。初タッグながら右ミドルからパワーボムに繋ぐという息の合った連携でサイチャンゴを攻めるミステリーと飯塚。
しかしそこに石田が介入、エプロンで飯塚にRKOを放ちミステリーをトペコンでカット。最後はサイチャンゴがリング内で画竜点睛を決め飯塚から3カウント、長期欠場する石田に捧げる勝利であった。

▼第3試合 再来!悪の巣!~戦え!ヒートアップヒーローズ~
タッグマッチ 30分1本勝負
ヒデ久保田&○定アキラ(11分24秒 片エビ固め)プリンス・カワサキ&●イナダマン
※クロスローズ

SMOKEY CRIMINALのセコンドには負傷欠場していた新井健一郎の姿が。場外でアキラがプリンスを押さえるとアラケンが傘で一撃。
立体殺法や合体攻撃で反撃した川崎ヒーローズ、イナダマンのWA4がアキラを捕らえるがここでもアラケンが介入。ヒデのトラースキックからアキラがクロスローズに繋いでイナダマンがらフォール勝ち。
試合後スモーキー勢はイナダマンのマスクを剥ぐという暴挙に、戦利品のマスクを咥え健在ぶりを強くアピールした。

▼第4試合 ラストド根性vol.1~ありがとう、感謝を込めて~
シングルマッチ 30分1本勝負
○ガッツ石島(11分46秒 片エビ固め)●近藤“ド根性”洋史
※フェイスバスター

最初で最後になるであろう両者のシングルマッチ。スタートダッシュで攻める近藤だが、石島が体格の差を利して盛り返していく。スピアからジャックナイフ固めで丸め込み石島の虚を突いた近藤、ピョン吉スプラッシュが完璧に決まるがカウントは2。
隠し技ニールキックを繰り出した石島はゴーストバスターからフェイスバスターに繋いでカウント3。10月31日とどろきで引退する近藤にねぎらいの言葉をかける石島であった。

▼第5試合 スクランブルバウトin板橋~燃えろプロレス魂~
6人タッグマッチ 30分1本勝負
田村和宏&大谷譲二&○井土徹也(16分2秒 エビ固め)木高イサミ&阿部史典&●伊東優作
※鬼丸をかわして丸め込む

イサミのHEAT-UPマット登場は約3年ぶり。因縁の残る井土と優作がバチバチやり合えば、アックスボンバーズの同士であった田村とイサミは再会を懐かしむようなファイト。
イサミの「ボディが甘いぜ」を田村が繰り出し挑発すれば、阿部は田村のアンドレを「背中が甘いぜ」と強烈な蹴りでカット。
終盤捕まった井土だが、優作の鬼丸をかわし全体重をかけたエビ固めで殊勲のフォール勝ち。試合後、井土と優作がシングルで決着をつけようと互いにアピールした。

▼第6試合 HEAT-UPユニバーサル選手権試合
シングルマッチ 60分1本勝負
○《王者》兼平大介(16分53秒 片エビ固め)●《挑戦者》バリヤンアッキ
※strike of the knee。王者・兼平が2度目の防衛に成功。

我闘雲舞勢や応援シートのお客さんの声を聞き気合の入る挑戦者アッキ。スワンダイブで兼平の後頭部にミサイルキックを決めた場面では館内がどよめく。
ニーをキャッチされても腕十字にスイッチするなど落ち着いた試合運びの兼平に対し、変幻自在のスタイルで攻めるアッキ。
終盤のファイヤーバードスプラッシュにはあわや王座交代かとも思わせたが、バックドロップからstrike of the kneeで兼平が貫禄のピンフォール。
敗れたアッキだが「僕の時間はこれから。応援宜しくお願いします」とアピールした。

大会後アンケートにご協力お願いします

SNSでこのページをシェアする
B!