井土 徹也

井土 徹也

TETSUYA IZUCHI

身長:180cm

体重:88㎏

生年月日:2000年3月16日

デビュー戦:2016年10月31日 神奈川・とどろきアリーナ vs 新井健一郎 & 高梨将弘 & LEONA(パートナーは阿部史典 & 飯塚優)

得意技:ジャーマンスープレックス、STA

入場テーマ曲:井土徹也のテーマ(オリジナル曲)

主なタイトル歴:第4代/第6代HEAT-UP認定ユニバーサルタッグ王座

2016年10月31日とどろきアリーナ大会でデビュー。HEAT-UPが普段100人前後の観衆の前で大会を開催していることを考えると、井土はデビュー戦でいきなり1000人以上の観衆の前で試合を行った強者である。

デビュー後はHEAT-UPでの戦いが中心だったが、藤田峰雄が主催する「チンコプロレス」や、インディの若手登竜門的大会「J-STAGE」に参戦するなど団体外でも経験を重ね、そのプロレスセンスに磨きを掛けてきた。空手がバックボーンだが、バネを活かしたドラゴンスープレックスや長身から投げ落とすSTAなど豪快な技も自分のものとし、トータルファイターとしての進境は著しい。また道場マッチのプロデュースや積極的な出稽古、格闘技戦へのアピールなど、若さを武器としてあらゆる方向で貪欲な姿勢を貫いている。

2021年2月には兼平大介との“稲田堤兄弟”でトーナメントを勝ち抜き、ユニバーサルタッグ王座を獲得。嬉しい初タイトルとなった。残すは過去2回挑戦し、いずれも敗北に終わっているHEAT-UPユニバーサル王座奪取だ。

総合格闘技の練習も積極的に行い、LIDETUWFでのUWFルールの戦いや朝倉未来の1分間金網大会「BreakingDown」ではRIZINアマチュア大会優勝のマツモモ峰周と対戦し勝利を収めている。

選手プロフィールトップに戻る

SNSでこのページをシェアする
B!