3・7 HEAT-UP名古屋大会全試合結果

150307post570200
【HEAT-UP名古屋大会】
3月7日(土) [12:00開場/12:30開始]
会場:愛知・枇杷島スポーツセンター
観衆:67名

▽第1試合”JYO-NEN a GO NAGOYA!!”
シングルマッチ 15分1本勝負
○佐藤泰(7分50秒 エビ固め)●山本裕次郎
※脇固めを下から丸め込む

▽第2試合”「ROCK PUB ROLLINGMAN」スポンサードマッチ☆”
タッグマッチ 30分1本勝負
○マサ高梨&近藤”ド根性”洋史(13分12秒 首固め)●小仲=ペールワン&ROLLINGMAN

▽第3試合”ヒートアップ真っ向勝負”
シングルマッチ 30分1本勝負
○那須晃太郎(12分03秒 ストレッチプラム)●兼平大介

▽第4試合”凶悪のダブルフェイス~ライバル達のララバイ~”
シングルマッチ 時間無制限1本勝負
○SHINYA ISHIDA(18分00秒 体固め)●岩本煌史
※トラースキック

▽第5試合”名古屋パワフルファイト~呪いの青虎マスク~”
6人タッグマッチ 60分1本勝負
新井健一郎&○PSYCHO&無宿の「赤虎」(20分41秒 片エビ固め)田村和宏&アミーゴ鈴木&●内田祥一
※ハイフライバム

被るとどんな選手でも極悪で凶暴なヒールレスラーに変貌してしまうと言われている「青虎」のマスク。前回の王子大会で披露されたそのマスク、「枇杷島大会で誰かに被せる」と宣言していた。オープニングで田村和宏が挨拶している時に乱入してきた無宿、アラケンが再び宣言する。
岩本対ISHIDA戦で、マットに沈んだ岩本をいたぶっている無宿。そこを田村達三人が岩本を救出するため、更に「俺はヒートアップして仕方ないんだ!ゴングを鳴らせ!」の言葉と共にメインの試合が始まった。
アラケンは試合序盤から内田にマスクを被せようとするが、必死に抵抗する内田。田村とアミーゴもフォローするが、那須とISHIDAを加えた無宿の連携の前に防戦一方となってしまう。最後も分断された内田がPSYCHOのハイフライバムに沈む。
改めて内田に青虎のマスクを被せようとする無宿の面々。寸前で田村とアミーゴが阻止すると乱闘になるが、「静まれっ!」と解説の渡辺宏志が一喝、リングに上がる。「いつまでそんな事して遊んでるんだお前ら!プロレス何だと思ってるんだ!なに茶番やってるんだ!何が青虎マスクだ!!」とマスクを奪い、自ら被ってみせる。
「オイ!なにが変わったんだ!言ってみろ!」と叫んだ渡辺だが、次の瞬間「キエーッ!」と叫んだ渡辺は不用意に近づいた田村目掛けて地獄突き。その後も奇声を上げて暴れまわる渡辺…いや、「青虎」。
不測の事態に備えて用意していたトラなわを使い「青虎」をがんじがらめにしたPSYCHO、那須、ISHIDAはアラケンの命令により無理やり「青虎」を控え室に連れて行く。
まさかのパートナー決定となった無宿の「赤虎」。アラケンも「赤虎ちゃんに任せました!」と正式にタッグトーナメントへのエントリーを公言。無宿が去った後、田村は「宏志さんが青虎になっちまったー!!」と嘆く。
これで8チーム全てのエントリーが完了した、3月22日の横浜大会から始まるパワフルタッグトーナメント。1回戦の組み合わせは後日発表される。

【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
【2015年スケジュール】
○3月22日(日)神奈川・横浜にぎわい座B3Fのげシャーレ(19:00)
○4月12日(日)東京・夢の島BumBマルチスタジオ(18:30)
○4月25日(土)東京・王子BASEMENT MONSTAR(19:00)
○5月16日(土)神奈川・新百合トゥエンティワンホール(19:00)
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

B!

You May Also Like