3・22横浜大会試合レポート 第4試合

15040904post570200
【開幕!パワフルタッグトーナメント】
日時:2015年3月22日(日)
開場18:30/開始19:00
会場:神奈川・横浜にぎわい座B2Fのげシャーレ
観衆:98名

▼第4試合”パワフルタッグトーナメント1回戦Ⅲ”
タッグマッチ30分1本勝負
○岩本煌史(スポルティーバ)/兼平大介
17分01秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド
PSYCHO(無宿)/●SHINYA ISHIDA(無宿)
枇杷島大会からの因縁、岩本は執拗にISHIDAを狙うがそこにつけ込む無宿。タックルからスリーパーでPSYCHOを捕らえた岩本、しかしISHIDAがコーナーに控えている兼平をリング下をすり抜けて急襲。手を離した途端にPSYCHOが後ろから攻撃、心理作戦のドツボにはまってしまう岩本&兼平。
連携で流れを変えようとしても、ISHIDAが岩本の足を引っ張る。そこにアラケン&那須&赤虎まで加わってくるのだから始末に負えない。ISHIDAのマウントエルボーからナックル、スリーパーで徐々に岩本の身体にダメージが蓄積されていく。ISHIDSAがコーナーに振ろうとするが、力なくリング中央に倒れてしまう岩本。
それでも気力を振り絞り、ロープに固定してネックブリーカーを叩き込み兼平と交代する岩本。コーナーに振られた兼平は逆襲のクローズライン。攻め込まれたISHIDAだが、スリーパーからの変形ネックブリーカーで脱出。
PSYCHOに対してはニーリフトで対抗する兼平。しかしランニングニーは読まれ、PSYCHOが前方回転式のレッグブリーカー。足を極めようとするPSYCHOを蹴飛ばしてアームホイップ、リバースチキンウイングと繋ぐ兼平。
息を吹き返した岩本、PSYCHOにヒップトスから低空キック、ニードロップ。担ぎ上げてハリケーンドライバーを見舞うが、PSYCHOは空中でひるがえしてかわす。着地には失敗するが、足を取らせてステップ延髄斬り。ISHIDAとのエルボー合戦、組み付いた岩本は豪快な裏投げから腕十字へ。
カットに入るISHIDA、兼平も入ってISHIDAにツープラトン攻撃を見舞おうとするがPSYCHOが阻止。孤立した岩本にISHIDAのトラースキック→エプロンでPSYCHOがシザースキック→ISHIDAのRKOと繋ぐがカウント2。そこに追い打ちのハイフライバムを叩き込んだPSYCHO。カバーは兼平がカット。
PSYCHOにジャックハマーを決めた兼平。岩本とISHIDAに集中攻撃。ダブルのニーリフト→ダブルブレーンバスター→前後からサンドイッチニー。ISHIDAのバックを取った岩本だが、場外から那須が妨害。村杉レフェリーは赤虎が抑え無宿が磐石の状態にするが、那須&ISHIDAの攻撃を回避した岩本が那須を分断、ISHIDAに払い腰。カウントを入れる村杉レフェリー、だが今度はアラケンが場外に引きずり出す。
アラケンが村杉レフェリーを釘付けにしている最中、他の無宿メンバーは連続串刺し攻撃を岩本に。リング下からブラックボックスを取り出したPSYCHO、ISHIDAの押さえる岩本に叩きつけようとするが兼平が阻止。それでも岩本を攻撃しようとする無宿だが、岩本が寸前でかわしたため同士打ちに。すかさずジャーマンでISHIDAを叩きつけた岩本がカウント3をもぎ取る。枇杷島の借りを返すようなピンフォール勝ちで準決勝に駒を進めた岩本&兼平組であった。
試合後納得がいかなかったのか、無宿メンバー総出で岩本&兼平をメッタ打ち。しかし首領であるアラケンに兼平が投げ捨てジャックハマーを決めると退散する無宿メンバー。勝利をもぎ取り、乱闘も制した岩本&兼平。かたや無宿はエントリー3チームのうち2チームが脱落する結末に。
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

B!

You May Also Like