3・7名古屋大会試合レポート 第3試合

15032003post570200
【HEAT-UP名古屋大会】
2015年3月7日(土)[12:00開場/12:30開始]
会場:愛知・枇杷島スポーツセンター
観衆:67名

▼第3試合”ヒートアップ真っ向勝負”
シングルマッチ 30分1本勝負
○那須晃太郎(無宿/U-FILE)
12分03秒 ストレッチプラム
●兼平大介

デビューの地、枇杷島スポーツセンターに帰ってきた兼平大介。那須晃太郎のセコンドには「赤虎」が就く。グラウンドからサブミッションで兼平を攻め込んでいく那須、兼平のセコンドに就いた山本裕次郎が的確なアドバイスをしていく。
前日天龍プロジェクトで激戦を終えたばかりの那須だったが、それを全く感じさせない力強い攻撃で兼平を追い込んでいく。タッグ戦で一度対戦しているものの、那須晃太郎の壁は兼平には大きすぎた。
ミドルキック、チンロック、エルボーバット、ためを作ってクロスヒールホールド。ミスター村杉レフェリーをおちょくるような余裕まで見せていた那須。横から見ると体の厚みが兼平の1.5倍はあるように見せる。
兼平はジャンピングエルボーから串刺しエルボー、フェースクラッシャーで反撃。ランニングニーは那須に読まれるがフラップジャックで叩きつけ、再び狙うとクリーンヒット。しかしロープに走った所を稲妻レッグラリアットで迎撃される。
重いミドルでコーナーに兼平を追い込んでいく那須、串刺しエルボーからブレーンバスター。バックドロップは兼平に踏ん張られて不発に終わるが、ブレーンバスターを切り返してストレッチプラムで絞り上げると兼平がギブアップ。セコンドの赤虎と共に拳を突き上げて堂々と勝ち名乗りを受けた那須。
ニヤニヤしながら兼平に握手を求めていく那須、手のひらを兼平が払いのける。この行動にセコンドの赤虎は「態度悪いぞ!」とご立腹。那須は無宿Tシャツを四方に向かって掲げる。まさしく那須の完勝であった。
030703-001
030703-002
030703-003
030703-004
030703-005
030703-006
030703-007
030703-008
030703-009
030703-010
030703-011
030703-012
030703-013
030703-014
030703-015
030703-016

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

B!

You May Also Like