3・7名古屋大会試合レポート 第2試合

15032002post570200
【HEAT-UP名古屋大会】
2015年3月7日(土)[12:00開場/12:30開始]
会場:愛知・枇杷島スポーツセンター
観衆:67名

▼第2試合”「ROCK PUB ROLLINGMAN」スポンサードマッチ☆”

タッグマッチ 30分1本勝負
○マサ高梨(DDT)/近藤”ド根性”洋史
13分12秒 ソバット誤爆→首固め
●小仲=ペールワン(666/GUYZ!)/ROLLINGMAN
コール時から何かとくるくる回るROLLINGMAN。激励の花束贈呈の際、伝染したのか小仲が必要以上にくるくる回りだしセレモニーが台無しになってしまう一幕も。
高梨にリストを取られると「ROLLING~!」と叫び前方回転、リストを取り返すROLLINGMAN。極められながら「いつもと同じだ~」と呟く高梨。
近藤と小仲、近藤のいつも以上なハイテンションぶりにも触発された小仲はテンションMAXでぶつかり合う。地獄突きの奇声も30%増し。
ROLLINGMANは何故か回らないフラッシングエルボーから、必要以上にサマーソルトドロップを三連発。小仲は近藤にインディアンデスロック、ド根性で耐える近藤、ヘッドバットをぶち込むとそのまま後ろに倒れこむ小仲。
何とか交代しようとする近藤を捕まえ、ROLLINGMANはグラウンドでのドラゴンスクリューからタイガースピン。やはり回っている。インディアンデスロックを決めると、何故か小仲が入ってきて近藤を威嚇。近藤も拳を握り締めて対抗するが、たはり小仲にやられてしまう。
続いてROLLINGMANはROLLINGエルボー、しかしここからROLLINGMANの三半規管に異常が生じる。ロープに振った一撃をかわされ、追撃を狙ったROLLINGソバットはことごとくかわされてしまう。ドロップキックを叩き込んだ近藤はようやく高梨にタッチ。
高梨はROLLINGMANにリバースインディアンデスロック、カットに入った小仲にコブラツイストからDDT。ROLLINGMANは串刺し攻撃をかわしてダイビングROLLINGクラッチホールドからダイヤル固め。
交代した小仲は高梨にダイビングフォーアーム、勢いで近藤と交代。ド根性ホームランをかわして逆さ押さえ込みの体勢へ。近藤も踏ん張ったため、気合の入りすぎた逆さ押さえ込みの応酬。あまりにもテンションが高くなってしまった為小仲がガス欠を起こして丸め込まれるがカウント2。
ロープに振って正調ド根性ホームランを叩き込んだ近藤、倒れた小仲にサソリ固め、いや本人命名のド根性デスロックへ。ROLLINGMANがカットに入ると連携で近藤を攻めていく。ファンタスティックフリップを決めるが高梨が懸命のカット。近藤はドロップキックで二人まとめて吹っ飛ばす。
高梨が小仲を攻め込む。しかしトラースキックを誤爆するとROLLINGMANが近藤を担ぎ上げてエアプレンスピンへ。もう三半規管が限界だったROLLINGMAN、小仲も巻き込んでいい迷惑。
最後はROLLINGソバットを誤爆した所を高梨が丸め込んでカウント3。近藤はパートナーの勝利とはいえ、ホームのマットで初めての勝ち名乗りを受けた。最初から最後までROLLINGMANの「煙に巻かれた」ような試合であった。
030702-001
030702-002
030702-003
030702-004
030702-005
030702-006
030702-007
030702-008
030702-009
030702-010
030702-011
030702-012
030702-013

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

kakihara-bokin

B!

You May Also Like