2・21王子大会試合レポート 第2試合

15030302post570200
【バトル・バレンタインナイト2015】
日時:2015年2月21日(土)
開場18:00/開始19:00
会場:東京・王子BASEMENT MON☆STAR
観衆:97名

▼第2試合”バレンタイン♡ホームラン2015”
タッグマッチ 20分1本勝負
三尾祥久/○服部健太(花鳥風月)
12分42秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド
円華(YMG)/●近藤”ド根性”洋史
第1試合の余韻をかき消すかのように流れる光GENJIの「STAR LIGHT」。観客席には「みおくん」「けんた」の団扇を持つ女性ファンの姿…一気に会場内がジャニーズ系ライブの雰囲気に。
2月20日付けでSECRET BASEを離れフリーとなった三尾祥久と花鳥風月の服部健太によるタッグチーム「ハットトリック」がHEAT-UPマットに初登場。館内から紙テープが乱舞、絵になるチームだ。
“永遠の美少年レスラー”円華が加わり、リング内は華やかなムードに。その中でド根性を貫く男が一人。近藤”ド根性”洋史は黄色い声援を熱くさせようと気を吐くが、パートナーの円華になだめられる。
HEAT-UPマット初登場となる三尾は円華との絡みで華麗なアームホイップから見る者を唸らせるドロップキック。その美技に館内からはため息が漏れる。かと思えばレフェリーのブラインドを突いて近藤の頭にナックルを叩きつけるようなダーティーな一面も。
気がついてみれば近藤がハットトリックに捕まりローンバトルに。三尾へのドロップキックで反撃した近藤は円華と交代。ビックブーツやバックドロップを放つ円華、しかし三尾も得意のバックスピンキックでお返し。服部がドロップキック、ノーザンで続く。
円華も負けられない。服部をサムソンクラッチで丸めたかと思えば、コーナーを蹴ってブファドーラで舞い降りる。近藤はド根性ホームランから何とサソリ固めへ。昨年の対GENTARO戦から盗み取ったものか。
近藤のブレーンバスターをワキ固めで切り返した服部、延髄斬りから三尾とのダブルフェースクラッシャーへ。三尾が円華をカットする間に服部のジャーマンが決まって3カウント。
直後に流れる沖田浩之の「燃えてヒーロー」。ハットトリックが初登場で嬉しい初勝利。タッグ戦線に絡んでくると面白い存在になりそう。
敗れた近藤、次に目指すはホームマットでの初勝利。そんな近藤がこの後、思わぬ行動に出る。
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

B!

You May Also Like