2・11大阪大会試合レポート 第2試合

15022602post570200
【大阪初上陸~熱狂!大阪カーニバル2015~】
日時:2015年2月11日(水:祝日) [12:00開場/12:30開始]
会場:大阪・大阪市立淀川区民センター
観衆:156名

▼第2試合“ヨドガワ☆スクランブル”
タッグマッチ 20分1本勝負
くいしんぼう仮面(大阪プロレス)/○カブキキッド(ダブプロレス)
11分28秒 みちのくドライバーⅡ→体固め
渡辺宏志(夢名塾)/●近藤”ド根性”洋史

くいしんぼう仮面とカブキキッドがHEAT-UPマット初登場。ファンはくいしんぼうの入場時にお菓子を首にかける恒例の儀式、HEAT-UPの会場で行われると新鮮に見える。渡辺とくいしんぼうが正面から相対するのは初めての事だとか。
先発は近藤とカブキ。逆水平を放つ近藤にカブキは「もっと来い!」と胸を突き出す。すると近藤は「お願いします!」と一礼、唐突の事にカブキは「ええっ!」と驚きの表情。続いて「一番、センター近藤」と自らウグイス嬢となりコールするとカブキの胸板にド根性ホームランを叩き込んだ!予測できない近藤の一撃に大きく吹っ飛ぶカブキ。
近藤がハイテンションでそのまま対戦しようとすると「近藤、もう戻って来い」と諌める渡辺。くいしんぼう登場、場内からは「くいしんぼう」コール、いつものポーズで館内を温める。すかさず「ひろし!」コールから「えみり!」コール。盛り上がる館内。
渡辺とくいしんぼうの初コンタクト、胸板へのチョップ打ち合いからくいしんぼうは渡辺のスキンヘッドをグーで殴りつける暴挙に。渡辺は正調ドロップキックでお返し。串刺し攻撃をかわしたくいしんぼうは近藤、味方のカブキ、レフェリーのえみりを巻き込んで欽ちゃんジャンプ。HEAT-UPの真紅のマット上で伝統芸能が繰り広げられた。
真正面からぶつかっていく近藤を蹂躙するくいしんぼうとカブキ。渡辺へのカットは相変わらずグーで殴るくいしんぼう。ちょい反則のオンパレードにレフェリーえみりは「反則すんなって!」と激おこ。カブキへのその場飛びドロップキックで近藤がようやく反撃。
渡辺はカブキとくいしんぼうを代わる代わるブッ倒すと腕をグルグル回して大見得を切る。しかしくいしんぼうはまたもやグーで殴る。倒した渡辺にチョコバット、渡辺はワンハンドバックブリーカーで反撃、近藤に繋げる。
しかし再び捕まる近藤、カブキへのド根性ホームランを放つものの後が続かない。くいしんぼうが渡辺を分断する中、カブキがドラゴンスリーパー、フェースバスター、みちドラⅡの波状攻撃で近藤を沈めた。
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

B!

You May Also Like