2・11大阪大会試合レポート オープニング~第1試合

15022601post570200
【大阪初上陸~熱狂!大阪カーニバル2015~】
日時:2015年2月11日(水:祝日) [12:00開場/12:30開始]
会場:大阪・大阪市立淀川区民センター
観衆:156名

▼オープニング
HEAT-UP初の大阪大会が開催。STYLE-E時代からも含めて田村和宏が旗頭を務める団体の大阪進出は史上初。関東からもファンが集まり、気がついてみれば観衆は150名を超える大きな大会となった。
選手入場式、リングに上がった選手からサインボールのプレゼント。代表挨拶は勿論田村和宏が務める。
「本日は寒い中ご来場ありがとうございます!(館内拍手)
今日は記念すべきHEAT-UP大阪初大会となります。8時間かけて大阪にやって参りました!皆(移動中の)車の中でもテンションが高くて、凄い熱気でした!
熱く盛り上げますので、皆さん熱い応援宜しくお願いします!!」
opening

▼第1試合“大阪版異種格闘技戦~蹴人-UP!~”
シングルマッチ 15分1本勝負
○山本裕次郎
7分16秒 羽根折り十字固め
●織部克巳

序盤戦、織部は思い切りの良いボディースラムで山本を叩きつけると「もう一丁?」と館内に確認して二発、三発と叩きつける。立ち上がろうとする山本の胸板に糸東流空手の蹴りを叩き込んでいく織部。
勢いを止めるべく、山本はローリングソバットから大車輪ニールキックで反撃。サッカーボールキックを打ち込むと織部も意地になって同じ蹴りで返す。互いの意地と意地がぶつかり合い、館内には肉体を蹴っ飛ばすバチン!という音が響き渡る。
真正面から攻める織部に、山本は飛びついてアキレス腱固め。変化をつけた攻撃で織部の足を攻めていく。エスケープ後立ち上がるとミドルキックと中段蹴りの打ち合い。打ち勝った織部は上段蹴りを山本の側頭部へ。
座り込んだ山本の意識を刈り取らんと織部が再び側頭部への蹴り、キャッチした山本は織部を倒してアンクルホールド。ギブアップしない織部、山本はうつ伏せの織部の背中の上を一回転。両腕を極めるクルスフィックスホールドで一本を奪う。思い入れのある大阪で山本は再デビュー後嬉しい初勝利を挙げた。
DSC_9056
DSC_9096
DSC_8979
DSC_8829
DSC_9171
1st_match
DSC_9150
DSC_9180

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

B!

You May Also Like