1・31王子大会試合レポート オープニング~第1試合

150131report01
Happy Birthday HEAT-UP! ~2周年だよ!全員集合!~
2015年1月31日(土) 開場18時 試合開始19時
東京・王子BASEMENT MON☆STAR
観衆82名

▼オープニング
この日はインフォメーションが無く、開始直後から選手入場式に。
HEAT-UP旗揚げ二周年ということで、王子BASEMENT MON☆STAR代表取締役 I am TAKAHASHI氏より田村和宏に金一封が授与された。
挨拶を務めたのは近藤”ド根性”洋史。
「ド根性ーっ!本日はHEAT-UP王子大会にご来場頂き、ありがとうございま『した』。
旗揚げ二周年ということで、そしてHEAT-UP王子2015年第一発目として、僕は思いっきり盛り上がって!誰よりも熱く!根性入れて!盛り上がります!!」
DSC_1960
DSC_1971

▼第1試合 High Tension ド根性
シングルマッチ15分1本勝負
○風戸大智(ユニオン)
8分23秒 ロンドンダンジョン
●近藤”ド根性”洋史
入場式の挨拶で近藤がハイテンションだった訳、『お手本』として尊敬している風戸との試合が組まれているからであった。
両者ともに入場時からハイテンション。リング内で向き合うとハイテンション。試合前の握手もハイテンション。傍から見ると暑苦しく思われてしまいそうだが、これが二人の『普段通り』。
ロープワークからアームドラッグで先手を取った近藤、ドロップキックを放って先制。風戸がヘッドロックで絞め上げるとロープへ投げる近藤。これを上手く切り返し、近藤をセカンドロープに釘付けにする。
すると近藤の左腕目掛けて風戸がミサイルキック。これが引き金となり左腕への集中攻撃を仕掛けた風戸。座った近藤の左腕にエルボー、スタンドではかち上げ式エルボースマッシュ、変則ストレッチで近藤の両腕を固めそのままフォール等。
ボディースラムからスリングショット式のエルボードロップ、フォールをカウント2で跳ね返されるとチキンウイング・アームロック。もがき苦しむ近藤にセコンドの田村が必死に声を飛ばす。
スタンドに戻ると風戸のエルボーに近藤は逆水平で反撃。怯んだ風戸をド根性ホームランでカッ飛ばそうとするが、ダッキングでかわした風戸がスピンキック。ロープに走った風戸を担ぎ上げてブロックバスターで叩きつける近藤、ようやく反撃開始。
風戸をロープに追い詰め逆水平を連打、ロープに振ってド根性ホームランでカッ飛ばした近藤。雄叫びを挙げてブレーンバスター、カウント2。串刺しエルボーをかわされて逆に串刺しドロップキックを食らう。
うつ伏せにした近藤の腕を取りロンドンダンジョンの体勢に入る風戸、しかし下から足をすくって逃れると半立ち状態の風戸の胸板に低空ドロップキックを放つ近藤。続いてミサイルキックを投下。
エルボーと逆水平で風戸を追い込む近藤、ロープに走っての一発を掻い潜ると風戸がスピンキック。近藤両腕でガードすると風戸すかさずスイッチしてゼロ戦キックへ。
近藤の左腕を掴んでケブラドーラ・トドアルドのような状態で担ぎ上げた風戸は、最近使っている変形のフェースクラッシャーへ。カウント2で近藤が肩を上げると今度こそロンドンダンジョン(腕極め式キャメルクラッチ)へ。耐えた近藤だがギブアップ。
勝った風戸、敗れた近藤、試合後もハイテンション。もしかしたらこの二人がHEAT-UPの『熱き魂』を伝える者達なのかも知れない。
DSC_2192
DSC_2218
DSC_2055
DSC_2296
DSC_2151
DSC_2141
DSC_2261
DSC_2230
DSC_2328
DSC_2350

レフェリー:てっしー手島
実況&リングアナ:弥武芳郎

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

B!

You May Also Like