1・12北千住大会試合レポート セミファイナル

150128post570200
新春ヒートアップショー開幕
日時:2015年1月12日(月・祝) 開場12時/開始12時30分
会場:東京・北千住シアター1010・ミニシアター
観衆:122名(超満員札止め)

▼セミファイナル 未来の形~夢を継ぐ者たち~
シングルマッチ 45分1本勝負
○岩本煌史
12分11秒 腕ひしぎ十字固め
●兼平大介
僅かデビューしてから3戦目でセミファイナルに抜擢された兼平大介。上背で岩本煌史を上回り、両者が立つリングは見栄えがする。期待の現れなのだろうか、コール時には白+青+黒の紙テープが乱舞する。
岩本が差し出した右手、さっと後ろに下がって握手を拒否した兼平。そんな兼平を岩本はしつこい位にヘッドロックで絞り上げる。若干ではあるが兼平の動きが鈍い。やはりセミファイナル抜擢ということで緊張もあるのだろうか。そして左腕を攻めにかかる岩本。口火となったのはスタンドのアームブリーカーから。
腕をカチ上げるように攻撃すると、フライングメイヤーからチンロックへ。その体勢から両足を使ったフルネルソン。兼平のスタミナを徐々に奪っていく岩本。スインギングネックブリーカーで叩きつけた時点で5分が経過。
再び兼平の左腕に照準を絞る岩本、腕を取られながらエルボーで反撃する兼平。キックで応戦した岩本、腕へのキックや首筋へのエルボーで再び優位に。兼平の顔面をチョン蹴りして挑発する。
蹴り足を掴んだ兼平はエルボーで反撃、勢いをつけた一撃で岩本をなぎ倒す。串刺しエルボーからフェースクラッシャー、片膝を着いた岩本の胸板にランニング・ニー。カウント2で返されると岩本の腕を取って飛び付き三角絞めへ。岩本が体勢をずらすとすかさず腕十字にスイッチする兼平。
ロープに逃れた岩本を引きずり起こすと、スタンドでの肩固め。そのまま巻き込むように岩本を投げ飛ばすと再び三角絞めに入る兼平。岩本が体勢をずらすとまたも腕十字。必死になって絞り込む兼平だったがロープブレーク。
チャンスとばかりに突っ込んで来る兼平を払い腰で投げ飛ばす岩本。投げた岩本も直前の攻撃でダメージを負ったのか両者ダウン。先に立ち上がったのは岩本。串刺しエルボーからジャンピングアームブリーカー、四つん這いの状態の兼平に腕へのドラゴンスクリューからアームロック。必死にロープに逃げる兼平。
立ち上がる両者、兼平を担いだ岩本はハリケーンドライバー。そこから胴絞めスリーパーで絞め上げる。何とかロープに手を伸ばした兼平、エスケープ。
先に立ち上がった岩本が「どうした?」とばかりに兼平を挑発するとエルボーで反撃する兼平。エルボーの打ち合いとなり、兼平が一瞬打ち勝つ。しかし一発をかわした岩本が引き戻し式の大外刈り。すかさず腕十字を極めると兼平すぐにギブアップ。岩本が先輩の意地を見せつけた試合であった。
堂々とセミファイナルで勝ち名乗りを受ける岩本。敗れた兼平はニュートラルコーナーにへたり込んでいる。”喧嘩をしに行く”と試合前に語っていた兼平だったが、戦い終わってノーサイド。潔く岩本の握手に応えた。
“夢を継ぐ者たち”と銘打たれたこの試合、岩本煌史と兼平大介という若者二人の対戦に観客は何を夢見たのだろう。いつかこの二人の対戦が大舞台のメインを張れるものになってくれたら。
そんな幻想もつかの間、勝ち誇る岩本の背後に迫る影…ISHIDAが忍び寄りRKO一閃!ダウンする岩本を憎憎しげに見つめて去っていくISHIDA。これがISHIDAの意思表示だったのだ。
「…結局今日は、俺が第1で岩本がセミファイナル。(あきれた表情で)これが治らない限りは僕、いや無宿が介入してぶっ壊してやる。」
このISHIDAの行動に、HEAT-UP2月11日・大阪大会で両者が絡むタッグマッチが決定。同日デビューを果たした岩本とISHIDA。再びISHIDAがトップの首を狙いに動き出したのだ。
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014

レフェリー:てっしー手島
実況&リングアナ:弥武芳郎
解説:渡辺宏志

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

B!

You May Also Like