8・3名古屋大会試合レポート-第2試合&セミファイナルダイジェスト-

―さよならありがとうスポルティーバアリーナ~終わりは始まりの始まり~ 第2試合&セミファイナルダイジェスト-
―さよならありがとうスポルティーバアリーナ~終わりは始まりの始まり~ 第2試合&セミファイナルダイジェスト-

▽第2試合 “怪奇魔性のア・サ・イ・D・D・T”
タッグマッチ 20分1本勝負
○無宿の「赤虎」【無宿】&無宿マスク【無宿】(9分32秒 横入り式エビ固め)小仲=ペールワン【666/GUYZ!】&●石田慎也【スポルティーバ・エンターテイメント】
※誤爆の隙を突いて丸め込む
001
破竹の勢いを持つ無宿に黄信号が点滅!?参謀役であるCHANGOの負傷欠場により、急遽「無宿マスク」を投入した無宿。入場テーマにはあの「サーベルタイガー」が使われている。入場するなりいきなりマイクを握る赤虎。
「やい!やい!やいお前らオイ!おう名古屋!ふっざけんじゃねぇぞお前ら!ふざけんじゃねぇよ名古屋!怒ってるよ俺はよぉ!!
ふざけんなオイ!あんなあ!俺達無宿の『マスコットキャラ』であるCHANGOさん!怪我したから休みだよ!ふざけんなよオイ!
だからよぉ、今日はよぉ、もんのすごい先生に助っ人お願いしたよ!こちらが!こちらに!何故、何故ここにいるの?っていう感じ、ここにいはるお方が!無宿マスク先生だ!(館内拍手)オイ先生はあの~、お前らのようなボンクラじゃねぇぞ。先生はよ!先生はレスラーでもねぇぞ!(館内「ええっ!?」と驚愕)なんだよ、逆に反応して欲しい訳じゃねぇよ(館内笑い)。逆になんか、弱気になるだろオイ(館内爆笑)。
002
あのなぁ、あの先生はなぁ、あの~、こう見えて、あの~、インドネシアの方に伝わる、あの「空手」っていうの?手に何も持たない、だから「空手」、ね?インドネシアの方にも空手伝わってるんだよ!日本だけじゃねぇぞ!沖縄から南に降りた流派もいるんだ。その流派の!あの~、最王手である!あの~流派の、かなりあの全国ベスト8まで行った、実力者が無宿(マスク)先生だ!先生!!
お前らにはまず先生の凄さをわかってもらってから試合を見て欲しいから、先生に演舞してもらうよ!先生お願いします!」
館内の「先生」コールに促され、リング上で演舞を行う無宿マスク。その技のキレに観客はただただ圧倒されるばかり。演舞が終わると赤虎が「ありがとうございました!お前らに出来るかこれがオイ!突然振ってよぉ!出て来い対戦相手!」
003
小仲の入場曲がかかる中、石田一人が入場。小仲はリング横の階段から息を殺してそっと降りてきている。リング下で石田が待つ中、無宿が石田を挑発、その背後から小仲が襲いかかって試合開始。奇襲に成功した名古屋勢がペースを握る。
004
試合序盤から場外戦。そこで一人の女性観客に目が行く赤虎。
「いい女がいるじゃねぇかオイ~」体を張って女性観客を守る石田、「俺に恥かかせやがって」と言う赤虎。
005
再び女性観客を襲おうとする赤虎、体を張って守る石田。「お前、どうしてそこまでするんだ!」赤虎が叫ぶ。「俺の体はどうなってもいい、だけど、大昔、恐竜が絶滅しただけなんだ!」館内からええっ!の声が上がり、赤虎も「お前何言ってるんだ!?」どうやら石田の体を張った一発芸は不発に終わってしまったようだ…
「オイ!そこで見とけ!今から見本見してやるよ!」と石田に向かって叫ぶ赤虎。この場外戦の流れをしっかりと石田に伝授するようだ。別の女性観客に目を向けると「お、いい女じゃねぇかオイ~」と最初に戻る。「来いよ、マイクロバスで来いよ!」と二度目はきちんとアドリブも混ぜる赤虎。しかし何故か小仲はリングから降りようとしない。レフェリーの柴山も最初は場外カウントを数えていたが、どうやらこの展開を最後まで見届けたい一心であったようだ。
006
小仲が場外に降りるまで「見本見してやるからよ!」を繰り返す赤虎。意を決して場外に降りる小仲、女性観客に襲いかかる赤虎、体を張って守る小仲。「俺に恥かかせやがって」と再び女性観客に襲いかかる赤虎、体を張って守る小仲。「貴様っ!どーしてそこまでするんだっ!」叫ぶ赤虎。
007
「俺の体はどーなってもいいー!!だけどぉー!俺の事はほっといてくれぇー!!」と…あたかも小仲が叫んだように思えたのだが気のせいだったのだろうか??「それでいいんだな?」と赤虎が小仲に確認すると、再び試合が動き始めた。「そんな中もう4分が経ってしまいました」と冷静に実況する弥武リングアナであった。
008
その後もリング内では無宿マスクの空手殺法が石田をきりきり舞いさせたり、足をすくってフォールに入るというルチャ独特の動きを必要以上に繰り返した小仲と赤虎が疲れて両者ダウンになってしまったり。
009
最後はエルボーを誤爆した石田が赤虎に丸め込まれてフォール負け…表題の「(パキスタン式)アサイDDT」は試合が終わって何度か赤虎に小仲が仕掛けようとするが結局不発に終わってしまうという始末に。
012
しかし逆に考えると、散々おちょくった挙句にきっちりと勝利をスコアする、これが無宿の無宿たる所以ではなかろうか?必殺技を出せなかった、いや出す事が出来なかった小仲、無宿の首領である新井健一郎からの白星という勢いはどうしてしまったのか。HEAT-UP&名古屋連合軍に逆黄信号が点滅してしまった。

休憩時間、売店ブースでは次に控えている大会のため声を張り上げて盛り上げる我闘雲舞の面々。
これが思わぬ事件を生み出す事になろうとは、この時誰が思ったであろうか??

▽セミファイナル “HEAT-UP FUTURE AGAIN!!”
シングルマッチ 30分1本勝負
○岩本煌史【スポルティーバ・エンターテイメント】(17分09秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)●風戸大智【ユニオン】
引き分けの続いた両者の対戦、三度目の正直となったのは風戸か、それとも岩本か。意を決するような硬い握手から試合は始まる。
015
腕取りから飛行機投げ、腕を巻き込んでの投げ、ドロップキック。先制したのは風戸であった。その後もエルボーから膝十字、インディアンデスロック。岩本も下から風戸の胸を張り返すが、風戸が足をぐいっと絞り上げるとたまらず仰向けになる。逆に上からエルボーを叩きつけられ、フライングメイヤーからジャンピング・エルボードロップと繋ぐ風戸。
017
X固めは未遂に終わるがエルボーを連打する風戸、掻い潜ってスインギング・ネックブリーカーで岩本がようやく反撃。ストンピングからボディースラム、首筋へのエルボー、そして風戸の右腕を殺そうとする。フライングメイヤーからクレインロック(岩本煌史命名)。
018
そこから丸め込んでフォールを狙うがカウント2。再びフライングメイヤーからスリーパー、腕絡みと繋いでいく岩本。串刺しエルボーから右腕を狙ったジャンピング・アームブリーカー。
019
痛めた右腕でエルボースマッシュを放って反撃する風戸。ラリアットを掻い潜ってジャンピング・ネックブリーカーから串刺しドロップキック。
020
再び腕を狙おうとする岩本に対し、ラ・ミスティカの体勢からX固めを極めた風戸。岩本の体勢が崩れると変形の逆片エビ固めで絞り上げる。ロープに逃れた岩本、「立ってこい」と挑発する風戸。
022
キックのコンビネーションからファイナルカット、カウント2。首筋にエルボーを何発も落としてフォール、カウント2。ならばとスライディング式のアックスボンバーを放つ風戸、これもカウント2。再度同じ技を繋ぐ風戸だったが、読んでいた岩本が腕ひしぎ十字固め。風戸がロープに逃れる、追い討ちをかけるように岩本が腰投げから低空ドロップキック、ニードロップ、ブレーンバスター。風戸切り返してロープに走るが、岩本抱え上げてハリケーンドライバー。
024
フォールを返されると腕ひしぎから三角絞め。ロープに逃れる風戸。
亀になっている風戸をぶっこ抜いてジャーマンで投げようとする岩本だが、風戸が前方に回転してエビ固めで丸め込む。続けてラ・マヒストラルで丸め込むがカウント2。今度は逆さ押さえ込みの体勢に入るが、岩本切り返して巴投げの要領で風戸をコーナーに叩きつける荒技。
025
追い討ちをかけようと突進する岩本、それを抱え上げてコーナー最上段に座らせ、駆け上がって雪崩式フランケンを決めた風戸。
026
尻餅をついている岩本に再びスライディング式アックスボンバー、カウント2。ファイナルカットで止めを刺そうとする風戸、踏ん張って風戸のバックを取りロープに投げてカウンターの払い腰で風戸を叩きつけた岩本。ここで両者ダウン、柴山レフェリーのカウントが入る。まさにここまで二人共動きっぱなし。
027
ダウンカウント9で立ち上がる両者、エルボーのラリーから風戸の一発が岩本をダウンさせる。尚もエルボー、頭突きを叩き込む風戸、再び大きいのを叩き込もうとするが岩本かわして回転足折固めへ、カウント2。立ち上がってくる風戸に張り手をぶち込み、豪快な裏投げを決めた岩本。
028
カウント2で跳ね返されると完璧なジャーマンを決め遂に3カウントが入った!タッグマッチを含め合計54分、遂に両者の間で決着が着いた。堂々と勝ち名乗りを受ける岩本。悔しがる風戸。
029
だがこの試合はここで終わったわけではない。スポルティーバという会場が無くなってしまっても、岩本と風戸は駆け上がっていく。若者達の戦いに光あらんことを。
030

実況:弥武芳郎リングアナ
解説:渡辺宏志【夢名塾プロレスリング】
レフェリー:柴山貴哉

Reported by 敷島博士

031

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【HEAT-UP名古屋大会アンケート】

B!

You May Also Like