6・18灼熱!飛龍新百合ヶ丘伝説 試合レポート~休憩明け-セミファイナル~

-Dr.ストレッチプレゼンツ 灼熱!飛龍新百合ケ丘伝説 休憩明け~セミファイナル-
-Dr.ストレッチプレゼンツ 灼熱!飛龍新百合ケ丘伝説 休憩明け~セミファイナル-

休憩明け、2013年オープン・テコンドー世界選手権2013に出場し金メダルを獲得したT.K.KING技術委員玄場啓介三段【町田成瀬教室支部長】とスーパーテクニックで優勝した篠原佑太郎二段【あざみ野道場】によるテコンドー演舞及び試し割りが披露される。
005
演舞の模様は写真を見て頂けると一目瞭然であろう。
003
美技が披露された後、アピールでGETの宣伝も忘れない玄場三段であった。

▼セミファイナル“HEAT-UP対無宿の仁義なき戦い!~藤波二世初登場~”
8人タッグマッチ 45分1本勝負
◯新井健一郎【無宿/DRAGON GATE】&PSYCHO【無宿】&CHANGO【無宿】&無宿の「赤虎」【無宿】(13分04秒 片エビ固め)マサ高梨【DDT】&岩本煌史【スポルティーバ・エンターテイメント】&●石田慎也【スポルティーバ・エンターテイメント】&LEONA【ドラディション】
※ジャンピング・パイルドライバー
4月大会にて宮本裕向を助っ人に加えたHEAT-UP軍に勝利した無宿、試合後のマイクで新井健一郎は「6月の藤波戦はな、ませいぜい頑張ってくれ。そこは俺ら一切邪魔しねぇからよ。」と言っていた事を思い出す。
008
何かを思わせる中フルメンバーでリングに上がった無宿の対戦相手には、かねてから新井健一郎との対戦を熱望しているマサ高梨、4月の名古屋大会で辛酸を舐めさせられている鶴岩石こと岩本煌史と石田慎也、そしてメインに立つ藤波辰爾の息子LEONA。
010
当然の如く無宿の奇襲から試合は始まる。いきなりLEONAをターゲットにしたのはPSYCHO。左肩を鉄柱にぶつけていく。他のメンバーが場外戦を繰り広げる中、リング内には高梨と赤虎。
011
高梨の鼻つまみからヘッドシザースホイップで赤虎を翻弄、ここで赤コーナー側は岩本、青コーナー側は新井にスイッチするが「お前邪魔だオイ!藤波の息子出て来いよオイ!」とLEONAを挑発する新井。岩本を赤コーナーに突き飛ばすとLEONAがリングイン。
015
ロックアップからのロープワーク、LEONAをタックルで倒す新井。チョップの打ち合いから顔面をかきむしるがカウンターのジャンピング・エルボーで逆に倒される。逆片エビに新井を捕えるLEONA、しかしPSYCHOと赤虎のカットに逢う。
013
両軍リング内で入り乱れる中、ロープに飛んだLEONAの足をCHANGOが引っ張って倒し再び場外戦へ。新井のスライディングキックの標的になる等、劣勢を強いられる赤コーナーサイド。
014
場内に戦場が移っても無宿はLEONAにやりたい放題。赤虎が入ってくると何故か「LEONAー!LEONAー!!」と叫び続ける。赤虎がコーナーに詰めたLEONAにハイキック、更に新井との合体フットスタンプ、CHANGOのセントーン等で波状攻撃を仕掛けて息の根を止めようとするが、CHANGOのブレーンバスターを逆に投げ飛ばしたLEONAがようやくローンバトルから解放される。
019
岩本がPSYCHOにエルボーパッド、テークダウンさせるが背後から赤虎がカットに入りスリーパー。
020
ところが岩本はその赤虎を仰向けのPSYCHOにそのまま投げ飛ばす荒技に。更にコーナーに控える新井に赤虎をはち合わせさせると石田が援護射撃のプランチャ。
021
場内ではPSYCHOに岩本が払い腰。高梨に交代すると再び赤虎が入ってきてPSYCHOと二人で攻め込もうとするが、冷静な高梨は二人をまとめてストレッチ技で固めてしまう。
ここで石田慎也が勢いのままPSYCHOに突進するが、かわしてDDTで叩きつけられた後新井の豪快な雪崩式ブレーンバスターの餌食に。フォールの体勢に入った新井をカットしたのはLEONA。
024
逆に分断しようとする無宿の面々を次々とドラゴンスクリューで投げ飛ばすLEONA、これには観客も大きな声援を送る。そこから新井健一郎への波状攻撃が火を噴く。
025
LEONAの人間風車、石田のジャンピング・エルボーパッド、高梨のスーパーキック、岩本の大外刈りから再び石田がミサイルキック。
026
ピンフォール勝ち寸前まで新井を追い詰めた赤コーナーサイドだったが、石田の隙を突いた無宿、一気に波状攻撃を仕掛けた後、新井のジャンピング・パイル一発で劣勢から瞬く間に勝利を挙げてみせた。
027
どうだ!と言わんばかりの無宿、場外では何故かCHANGOがセコンドに就いていた風戸や山田太郎に噛み付いていくというおまけ付き。
029
「藤波戦には一切邪魔をしない」と告げたが、現在の勢いを満員の観衆にこれでもかと見せつけた無宿一同。今後もHEAT-UPマットを席巻してやるぜという表れなのか。敗れた赤コーナーサイドだったが、石田慎也の目が悔しさの中爛々と鈍い光を放っていたのが印象的であった。

リングアナ:弥武芳郎
レフェリー:バーブ佐々木【Dr.ストレッチ赤坂店】

Reported by 敷島博士

030

B!

You May Also Like