6・18灼熱!飛龍新百合ヶ丘伝説 試合レポート~第1試合-第2試合~

-Dr.ストレッチプレゼンツ 灼熱!飛龍新百合ケ丘伝説 第1試合~第2試合-
-Dr.ストレッチプレゼンツ 灼熱!飛龍新百合ケ丘伝説 第1試合~第2試合-

▼第1試合“新百合☆HEAT-UP!”
シングルマッチ 30分1本勝負
○風戸大智【ユニオン】(7分6秒 片エビ固め)●蓮香誠【チームでら】
※ミサイルキック
新百合ケ丘大会のオープニングを飾るのはユニオンの元気者風戸と名古屋最重量・チームでらの蓮香によるシングルマッチ。恐らくシングル対決は初めてと思われる。
017
試合開始直後からエルボーの打ち合いとなった両者。しかし体重の差が風戸を苦しめる。豪快なショルダータックルで風戸を吹っ飛ばす蓮香、続けて叩きつけるボディースラム。劣勢に立たされる風戸だが、蓮香がロープに飛んだ勢いを利用してボディースラムで投げ飛ばすと館内からは惜しみのない拍手が降り注ぐ。続けて蓮香の顔面を襲う串刺しドロップキックで追撃。
018
風戸の変則キックをかわした蓮香は再びボディースラム。
019
重いチョップや串刺しラリアット、そしてゼヴィウスからフォール勝ちを収めたぶちかましへ。勝機と見た蓮香、キャメルクラッチで風戸を絞り上げるがロープに逃げられる。
020
立ち上がると風戸も反撃。振り下ろす形式やかち上げ式のエルボースマッシュで変化をつけて蓮香を揺さぶる。返す蓮香は袈裟斬りチョップで対抗。ヘッドバットで風戸をぐらつかせた蓮香、フィニッシュホールドであるアバランシュホールドの体勢に持ち込むがかわす風戸。ロープに飛んだ蓮香にゼロ戦キックで再び攻勢に。
021
ロープを駆け上がって放つ不知火からファイナルカット、最後はミサイルキックで名古屋最重量レスラーからピンフォール勝ち!
022
風戸がシングルマッチをHEAT-UPのリングで行い勝ち名乗りを上げるのはこれが初めて。
023
「またやろうぜ!」とお互いをリング内でしばき合い再会を誓う。
そう言えば風戸が昨年の新百合ケ丘大会で対戦したのがチームでらの旗頭である高井憲吾。
024
9ヶ月を経て風戸はチームでらにリベンジを達成した事にもなる。先月の岩本煌史戦からの勢いはまだ続いている。

▼第2試合“GIRL♥HEAT-UP!~我闘雲舞提供試合~”
タッグマッチ 30分1本勝負
○里歩&帯広さやか(12分2秒 そうまとう)さくらえみ&●「ことり」
4月大会に於いてHEAT-UPマットを追放になったさくらえみ、なし崩し的に復帰を了承した田村和宏。しかしそんな事は新百合ケ丘の会場では些細な事。やはり女子選手によるカードは大会の華と言えるのは確か。
025
試合開始前の両チームの握手、ところがさくらは里歩の手を払う。こういった細かい所がHEAT-UPファンを引き込んでいくさくらの手段なのだろう。
「ことり」がリング内やエプロンを縦横無尽に駆け巡る。試合が動き始めたのも「ことり」による『小田急トレイン』が帯広に炸裂した時からだった。
026
さくらの吊り天井、「ことり」のフロントネックロックに一本背負いからの「一本!」。更にさくらと「ことり」二人がかりの逆エビ固めに防戦一方となってしまう帯広。
027
しかし、6月12日放送「とんねるずのみなさんのおかげでした。」第2回どっきりガッチャンコステークスに出演、その名前が全国に知らされた帯広さやかもここで引くわけにはいかない。さくらのコーナー串刺し攻撃をかわすと、上島竜兵に見舞った見事なドロップキックで反撃。
里歩はその帯広を継いでさくらにジャンピングニー、くるくるリボン、ハリケーンラナから場外にプランチャを放った!
029
思わぬ大技の連発に観客は歓声を送る。リング内に戻ると帯広のミサイルキック。続けて帯広マジックを繰り出すがさくらがエビ固めで潰していく。
028
ロープに走ったさくらだが、帯広のスタルヒンチョップが待っている。続けて低空ながらもハーフハッチを決めていく帯広。チャンス到来と里歩&帯広が二人でさくらを攻撃しようとするが、上手くかわしたさくらは同士討ちから二人をコーナーに振って「いくぞさくらえみ、70キロー!!」、トップロープで構えていた「ことり」の二人まとめてクロスボディーと逆に攻勢に出るさくら&「ことり」。
030
続いて里歩に対してダブルアーム・バックブリーカーからシュークリームを決めるさくら。カットに入った帯広には「ことり」の卍固め。帯広が体ごとさくらにぶつかって危機を脱する。ややグロッギーとなった里歩にさくらがリバーススプラッシュを繰り出すが、里歩は両足を伸ばしてさくらの腹部にグサリと突き刺す。逆に里歩がコーナーに登るがさくらが阻止。里歩がそのさくらにエルボーを叩き込んで宙吊りにすると、そこを目掛けてダイビング・ダブルフットスタンプ!更に正調の一発を叩き込むがカウント2。さくらもしぶとく風車式バックブリーカーで反撃、「ことり」に繋ぐ。
「ことり」は里歩へドロップキックを連発、大外刈りを狙うが踏ん張る里歩。ボディースラムからフットスタンプを狙った里歩だが、かわした「ことり」が払い腰で叩きつける。里歩のジャンピング・ニーを食らうがフロントネックロックで反撃する「ことり」。しかし里歩はそのままノーザンライト・スープレックスで「ことり」を叩きつけるがカウント2でさくらがカット。
031
さくらをドロップキックで蹴散らし分断すると「ことり」へのそうまとうが完璧にヒット!そのままフォール勝ちを収めた。
032
館内からの拍手に応えてガッツポーズの里歩。里歩&帯広さやか組が満員の観客の中嬉しいウィナーコールを受けた。
033

リングアナ:弥武芳郎
レフェリー:てっしー手島(第1試合)&バーブ佐々木(第2試合)

Reported by 敷島博士

B!

You May Also Like