11・23王子大会試合レポート セミファイナル

141123report04
▼セミファイナル”スペシャルシングルマッチ~大阪初進出決定記念試合~”
シングルマッチ 60分1本勝負
○ビリーケン・キッド(フリー)
15分15秒 ベルディゴ→片エビ固め
●岩本煌史(スポルティーバ)

枇杷島大会にて王子大会への参戦を直訴、念願かなって岩本煌史との対戦が決まったビリーケン・キッド。「若くて活きのいい、ガッチリした選手は苦手」と言っていたビリーだが、キャリアの差を岩本に見せつけた。
ウエートアップし、体重が90kgになっている岩本をグラウンドでコントロール。サーフボードストレッチを切り返されるとカンガルーキック。攻め込もうとする岩本を上手くいなしてペースを握らせないビリー。
スクープスラムから反撃に転じようとする岩本、しかしグラウンドで逆に腕を取られるとズルズル引き込まれてしまう。サッカーボールキックからジャベ、面白いように岩本の関節を極めていくビリー。
コーナーに詰めた岩本に右ハイからブロンコバスター、胸板への低空ドロップキック。ビリーのブレーンバスター狙いを踏ん張る岩本、ガットショットからロープに飛んでラリアットを放とうとするが、かわした岩本が大外刈り。
ようやく自分の流れを掴んだ岩本、ヒップトスから低空ドロップキック、ニードロップ、串刺しエルボーからフェースクラッシャー。再び串刺し攻撃を狙うが、体勢を入れ替えて岩本を場外に落としたビリーはトップとセカンドロープの間をすり抜けるトペ!
場外で気合を入れたビリー、岩本をリングに戻すとダイビング・ボディーアタック、ショートレンジラリアット。変形のかわず落としで叩きつけると、間髪入れず両腕を極めるストレッチ。ロープに逃れた岩本にアームブリーカーで追い打ち。ソバットからパワーボムを狙うが、リバースで切り返した岩本がそのまま担ぎ上げてハリケーンドライバー、両者ダウン。
立ち上がる両者、エルボーのラリーからロープに走る岩本をキックでストップさせるビリー。走ったビリーに岩本が払い腰。カウンターの一発を決めた岩本、四つん這いのビリーをぶっこ抜くジャーマン!完璧に決まったがカウントは2。
もう一発ジャーマンを狙う岩本、体勢をスイッチしたビリーが変形のフェースクラッシャー。顔面へのソバットを叩き込んでトップロープに上るビリー。気づいた岩本が叩き落とそうとするが、抜け出したビリーが岩本にランニング・パワーボム。
ラリアットを放つビリー、かわした岩本がバックを取って回転足折り固め、カウント2。立ち上がるとビリーの左ハイ。コーナーに振るビリー、反転させた岩本が突っ込むがかわされて後頭部へのキックを食らう。
満を持してベルディゴを決めたビリーが片エビ固めで押さえ込むとカウント3。王子のリングで若い岩本から完勝したビリーケン・キッドであった。
この試合、特に観客席にいた子供達の声援が一番凄かった。常連客も「あそこまで盛り上がったのは初めて」と言っていた程。関西の熱き男が王子のリングを更に白熱させたのである。

試合後マイクを握る…届かず地声で「すとっぷざみゅーじっく~!へいかもんまいくせんきゅー!」館内は大笑い。改めてマイクを握るビリー。
「え~~~~皆さん!もう一度、岩本選手に大きな拍手をお願いします!!(館内から大きな拍手)
前回、名古屋大会に出場させて貰い、その時決まったシングルマッチですが、私はどっちかというと岩本選手のような、ピチピチしてガッツもパワーも溢れる選手は苦手なので、別の選手にして下さいと言ったのですけれど、全く聞き入れて貰えませんでした(館内爆笑)。
ご覧の通り、もう必死でした。ですが今日は負けられない理由がありました。
なぜかと言うと僕は、大阪に住んでいますが東京都足立区出身なんです(館内歓声と拍手)。そして!そして大阪プロレスに入る前は、ここ王子のジムで毎日トレーニングをしていました!(館内拍手)ウェルネス、イエス、ウェルネス。
なので今日、同級生やジムでお世話になった方、いろんな方が見に来たんです。だから負けられないんです!!(館内拍手)
皆さんの応援も然ることながら今日は、その友人知人達の応援が、特に僕のパワーとなりました。もし次、王子大会に僕を呼んでくれるなら…もう二回目は友人知人来ないと思うんですよ(館内爆笑)。さすがに、今回はたまたまタイミングよくみんな来てくれたんですけど。その時は皆さん、今日以上の声援をお願いします(館内笑いと拍手)。
さあここからが本題です。来年、遂にHEAT-UPが大阪にやって来ます。2月11日水曜祝日、もちろん僕も出場させて頂く事になりました。
しかし、大阪にはまだくすぶっている選手がいます。この東京で、王子のリングで、HEAT-UPのリングで、試合をしたいと、モヤモヤしてる選手がいます。
その男は、糸東(しとう)流空手三段!(道着を着ている子供に)…ちなみに君は何流だ?(子供が「空手です」と答えると)そりゃわかってるがな!何流とかあるでしょ。…言っちゃいけないのかい!(館内笑い)極真?新極真とか…もうやめとうこうな(館内爆笑)。
とにかく糸東流空手三段の織部克己というプロレスラー。彼この前名古屋で田村さんとバッチバッチ、いい蹴り出してたんすよ!ひと皮剥けたと思います、いや、この王子のリングで彼はもっともっと大きくなれる、そんな感じがしました。
田村さん!是非!織部を!この王子の、HEAT-UPのリングに上げて下さい!そして!これからアレですか?月2回あるんですか?ここ。そんな事ないすか?まああの、順番で僕と織部呼んでもらったりして(館内笑い)、僕、織部、僕、織部みたいに。でたまにビッグマッチあったら僕と織部一緒みたいな。
ねえどうですかこの案、どうですか!(館内拍手)それ位だったら僕の友達また見に来てくれるかも知れません(館内笑い)。
そんなこんなで、これ僕から言うよりもやっぱり皆さんの声が、はい、強いと思いますので、この後まず試合をしっかり見て、しっかり応援して、我に返ってから、家に帰ってからでも構いませんので、何かしら田村さんにこの僕のメッセージを伝えて下さい!
それでは、長々と話してしまいましたが(館内笑い)、以上、セミファイナルでした~!!!」
果たしてビリーの声は田村和宏に届くのか?織部克己が王子のリングに上がる事はあるのか?ローテーションブッキングは実現するのか??
とにかく大人気だったビリーケン・キッド。彼が王子のリングを更に熱くしてくれるのではないか?そんな期待もある。
DSC_2308
DSC_2417
DSC_2622

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

B!

You May Also Like