11・23王子大会試合レポート オープニング

141123report01
HEAT-UP王子大会、無宿入りしたSHINYA ISHIDAがいきなり田村和宏からフォール勝ち!”関西の熱き男”ビリーの叫びを聞け!

HEAT-UP【Autumn Jumbo Impact】
日時:11月23日(日)
17:00開場/18:00開始
会場:東京・王子BASEMENT MON☆STAR
観衆91名

▼オープニング
選手入場式前に田村和宏がリングに上がる。
2015年度上半期のスケジュールを発表する。

○1月12日(月・祝)東京・北千住 シアター1010
○1月31日(土)東京・王子BASEMENT MONSTAR
○2月11日(水・祝)大阪・淀川区民センター
○2月21日(土)東京・王子BASEMENT MONSTAR
○3月7日(土)愛知・枇杷島スポーツセンター
○3月22日(日)神奈川・横浜にぎわい座B3Fのげシャーレ
○4月12日(日)東京・夢の島BumBマルチスタジオ
○4月25日(土)東京・王子BASEMENT MONSTAR
○5月16日(土)神奈川・新百合トゥエンティワンホール

来年からほぼ月二回興行となるHEAT-UP。特に新百合大会がアナウンスされると期待の歓声が上がる館内。尚、開始時間等詳細については追って公式サイトで発表されるのでそちらを参照して頂きたい。
続けて選手入場式。メイン出場のアミーゴ鈴木と風戸大智が入場してきた次の瞬間に異変が起こる。普段は入場式に全く出ない無宿の面々が現れたのだ。
枇杷島大会で無宿入りしたSHINYA ISHIDAをアピールしながらリングに上がる新井健一郎。何故か館内の一部から沸き起こる「ISHI~DA~」や「USA」コール。きちんとリング上に整列する無宿。
王子で初めて試合を行う兼平大介が挨拶。
「こんばんは!本日はご来場有難うございます!」
と、横からマイクを奪う田村和宏。無宿の面々に対し
「ちょちょちょちょ、オイ!お前らこの野郎!!
オイ、お前らいつも入場式出ないくせしやがって何で今日だけ出て来てるんだこの野郎!!オイ!おかしいだろ!」
新井がマイクを奪う。
「え~、王子の皆様、本日も我々無宿にいじめられる田村和宏の泣きっ面を見に来て頂き、誠にありがとうございます!!(館内ブーイング)ありがとうございます!
いやいやいや、ね!王子のお客様に、改めてご紹介しようじゃないですか。
我々無宿と一緒に今後やっていく事になったね、石田慎也改め、SHINYA ISHIDAでございます!!
いやいやいや、ちょいとお時間頂きますかね!え?いやいやいや、ね!田村さん!オイ!あなた、こういう状況をね、作ったのも、誰の責任だと思ってるんですか?えぇ?ね!王子のお客さんなら、よ~くよ~くわかりますよね?
えぇ?オイ、岩本さんよ。オイ!ね、今までず~っと、ね、名古屋からわざわざ、ね!一緒に、ね!無茶な移動してね、王子までやって来て、こうやってリングの設営までね、やってましたよね?やってましたよね?
そこまでしてるのに、何かあれば上で使われるのは岩本ばっかりで、ね!お客さん今までSHINYA ISHIDAがよ、王子で、メインで、出てるの見た事ありますかね~?えぇ!
来る日も来る日も、アンダーカードで、えぇ!おう岩本よぉ!お前よぉ、何気に入られてるかわかんないけど、オイ、結局お前なんてよ、田村和宏の敷いたレールの上に乗っかってよ、えぇ?いいカッコしてるだけじゃねぇか。」
罵倒された岩本が突っかかろうとすると、
「おうおう止めろ、今入場式じゃねぇかこの野郎。オイ、慌てんなっつってんだよ。オイ。
いいかお前オイ!SHINYA ISHIDAはなお前オイ、自分でアメリカ行きのな、ブッキング勝ち取って、何か変えようと思ってお前、えぇ?全部構造してきたんだよお前。お前が何か構造してきたのかお前が!えぇ?
全部お前、田村和宏のいい子ちゃんになりやがってこの野郎お前、えぇ?いいかお前、あとお客さん言っとくぞお前!今な、確かに俺ら無宿は『赤虎』ちゃんが怪我して休んでるしCHANGOもいつ帰ってくるかわからねぇ。
人員がいないから急遽俺らに入ってきたと思っただろ。こんなの夏前からな、え?密かに密かに俺ら裏で手ぇ組んでやって来た事なんだこの野郎、えぇ?
という訳で!長々と喋らせて頂きましたけどね、今日もアナタ(=田村)、散々ね、俺らにいじめられて、いい泣きっ面をお願いしますよ。
という訳で、帰りますか…」
無宿がリングを去る。改めて兼平が挨拶。
「あの、プロレス界は何か色々ありますけど…(館内爆笑)
僕達は!僕達の戦いをしますので、皆さん今日は楽しんでいって…」
最後で噛んでしまう兼平、館内は再び笑い。
弥武リングアナの「ありがとうございました、選手退場!」の言葉を皮切りに初めての王子での挨拶でやってしまった兼平に柴山・山田・タケシマ・近藤がリング上で突っ込みを入れる。何故か円陣を組む柴山&山田&タケシマ、巻き込まれる田村。嵐のようなオープニングとなった。
001
002
003
004
005
006

Reported by 敷島博士

今大会のアンケートにご協力ください。宜しくお願いいたします。
【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

B!

You May Also Like