5・14HEAT-UP横浜にぎわい座大会全試合結果

【渡辺宏志HEAT-UP初凱旋大会~俺の覚悟~】
日時:2015年5月14日(土)
開場18:30/開始19:00
会場:神奈川・横浜にぎわい座のけシャーレ(小ホール)
観衆:95名

▼第1試合 HEAT-UP vs. BASARA Ⅰ~若き獅子~
シングルマッチ20分1本勝負
○関根龍一(9分17秒 片エビ固め)●兼平大介 ※龍切

▼第2試合 HEAT-UP vs. BASARAⅡ~若き虎達~
タッグマッチ30分1本勝負
塚本拓海&○風戸大智(12分40秒 片エビ固め)●石田慎也&近藤”ド根性”洋史
※爆発的なアックスボンバー

▼第3試合 The Choice~スクランブルバウト~
タッグマッチ30分1本勝負
○那須晃太郎&仲川翔大(13分33秒 フェースロック)岩本煌史&●阿部史典

▼第4試合 終わり無き物語~それぞれのRoad~
タッグマッチ30分1本勝負
PSYCHO&○CHANGO(13分41秒 片エビ固め)川村亮&●アミーゴ鈴木
※画竜点睛

▼第5試合 HEAT-UPユニバーサル選手権試合
60分1本勝負
○【王者】田村和宏(23分13秒 トライアングル式足四の字固め)●【挑戦者】渡辺宏志
※初代王者田村が2度目の防衛に成功

田村「宏志さん!ハア、ハア…宏志さんの覚悟、しっかりと受け止めました。HEAT-UP入団…ただごとじゃないね、宏志さん…いいですか、とどろきアリーナあるんですよ。楽しんでる暇はないっすよ。俺らと、覚悟、死ぬ気で、やる気ありますか??」

渡辺「もとからそのつもりだ!エースとして、そしてチャンプとしての覚悟のほど、確かに見せてもらったぞ。まあ俺もこの団体に入団したからには、このまま消える訳にはいかん。枯れる訳にはいかねえんだ。
来月、6月19日王子大会で…俺の再起の第一歩として『宏志塾』を復活させたいと思う。ここで己自身を見つめ直し、そして鍛え直し、10月31日とどろきアリーナのメインイベントに立つつもりだ!
田村、俺を倒してそのベルトを防衛した暁には、いつまでも(王座を)守り続けて欲しい。俺が再びそのタイトルを獲りに来る時までだ!」

固く握手を交わす両雄、熱き抱擁、渡辺は田村の手を挙げる。
かつてHEAT-UPのオープニングを飾っていた『宏志塾』の復活。渡辺宏志の覚悟を皆さんの目で見、全身で感じてください!

渡辺宏志がリングを去る。
残った田村がロープ際に下がると、いつの間にかCHANGOが田村の背後からベルトをかっさらい本部席前へ。

CHANGO「オイ、田村和宏。お前に一つ聞きたい事があるんだけれどよお。」
田村「なんだよ?」
CHANGO「まあ…俺は何も考えないからさあ、こういう事を言っちゃうんだけどさあ。今の何かいい空気の中でさあ。渡辺宏志のどこに(ベルトへの)挑戦権があったんだよ!?あいつが挑戦権ある?ふざけんなよ。トップでやって来たの俺らだろうが。あいつが何をした?
俺は考えたよ、あいつが挑戦できた理由を。よ~く考えたらわかったんだよ。あいつがHEAT-UPに所属したからできたんだよなあ。そうだ!お前よく言えんな。ベルトをちらつかせて、HEAT-UPの所属を増やして、楽しいか?なあ、お仲間いっぱい増やしたほうが安心だもんな。所属増やすの必死だな。
まあ、なら話は早えよ。わかりやすくて結構だ。なあ、俺はこのベルトのためなら手段選ばねえよ。俺も!渡辺宏志のように!HEAT-UPに…入団…

するかバカヤロー!オイ!俺は!俺はなあ!このベルトを俺のやり方、俺なりのやり方でなあ…」

(岩本煌史がCHANGOの肩からベルトを取り上げてリングへ)

岩本「自分も、同じ意見っす。何故渡辺宏志が今日挑戦できたのか、僕もわかりません。3月のHEAT-UP(王子)大会、僕渡辺宏志に勝ってるんですよ。3カウントきっちりと僕が獲ってるんですよ。だったら僕にも、このベルトの挑戦権、あるでしょ?自分はあなたの前で正々堂々勝ちますから。」
CHANGO「オイ二番煎じが何言ってるんだよ!」

(田村の背後から風戸大智がリングに入ってくる)

風戸「(地声で)田村さーん!僕もそのベルトに、挑戦させていただけますか、田村さーん!」
CHANGO「お前、何で(マイク)持ってんだよ!!」
風戸「(マイクを使って)アックス・ボンバー!!」

(石田慎也がリング内へ)

CHANGO「俺が最初に言ったんだろうがー!!お前ら出てくるんじゃねーよコラー!!!」
石田「風戸さん、タッグで1回勝ったからって勘違いしないでくださいね。そして岩本さん、また美味しいとこ頂いていこうかとしてるかも知れないですけど、そう簡単にはいきまっせん。無宿…」
CHANGO「俺は?」
石田「(CHANGOを見つめて)無宿ができなかった事は、僕が一人でやります。そう田村さん、僕もそのベルト…狙ってますよ。」

田村「おお、いいねえ。4人だけか、他にも誰かいねえのか。オイ、言いてえやつはいるのか?4人だけか?オイ。」

(館内から歓声が上がり川村亮がエプロンに立つ)

田村「ああーーーー!!」
川村「あの今日…みねぴょんさんがね、まさかの欠場でしたけど、あの~…かわいそうじゃないですか。みねぴょんさんの大好きな、そのキンキンな、金金なベルト、金禁なベルト、俺が獲って、みねぴょんさんとその禁禁なベルトの防衛戦しようと思います。どうでしょうか?」
田村「オッケーオッケー、だったら『誰が一番強いか決めたらええやん』。オイ、平等に行こうぜ。お前らトーナメントやれよ。で!勝った奴!!勝った奴に新百合だ!8月31日の新百合でこのベルトに挑戦させてやる。それでどうだ!?どうですかお客さん!?決まった、帰れ!お前ら帰れ!!帰ってくれ!(川村に向かって)あんたが一番こわい。(田村がリングに残る)

おっしゃ、ちょっとトーナメント考えてて、(6月19日)王子から始めたいと思います。次、王子に向けて、よし、HEAT-UP…」

近藤「(地声で)田村さーん!!!誰かを忘れてますよ、僕ですよ僕!」
田村「知ってるよ。」
近藤「僕も(トーナメントに)出してくださいよ。出させてくださいよ。そのベルト欲しいっす!(一瞬の沈黙の後何かのスイッチが入って)ベルト欲しいっすよー!!俺だって挑戦したいっすよ!やらせてくださいよ!!」
田村「お前、風戸とちょっと匂い似てるんだよ!ちょっと工夫しろ!」
近藤「いいじゃないですか、僕HEAT-UP所属ですよ。僕もHEAT-UP所属なんですから○▼※△☆▲※◎★●!!僕だって出たいっすよ!やるんですから!やるぞーうおーー!!」

田村「…(苦笑)とりあえず、締めようぜ。(兼平がリングへ)オッケー、じゃやろうか。じゃあ皆さん、締めますのでご起立をお願いします!」

(兼平がマイクを取り上げて)
兼平「田村さん…もう一回だけ言わせてください。…さようなら。(去り際に)僕も、挑戦します。」
(兼平が去っていく)

田村「オイ兼平ー!お前タイミング考えろー!!みんな立っちゃってるじゃないかよー!くっそ~…」

かくして次回、6月19日(日)東京・王子BASEMENT MON☆STAR大会より挑戦者決定トーナメントが開催される運びに。次回の王子大会は昼興行となりますのでお忘れなく。
トーナメントの覇者は8月31日(水)、神奈川・新百合トゥエンティーワンホール大会に於いて田村和宏の保持するHEAT-UPユニバーサル王座に挑戦する。

【ハレルヤ・ハリケーン2016~who is Raining Men~】
2016年6月19日(日)
王子・BASEMENT MONSTAR
[12:00開場/12:30開始]
JR「王子駅」北口より徒歩5分
住所:東京都北区王子1-18-5 アークホテルビルB1
電話:03-3927-3555
◆指定席 4,000円(当日500円増)
◆自由立ち見 3,000円(当日500円増)
◆ペアチケット 7,000円
※指定席のみ
※HEAT-UP大会内売店のみ販売
◆障がい者チケット1,000円(当日のみ)
※自由立ち見のみ
※障がい者手帳を受付にてご提示下さい
◆ドリームチケット0円(当日のみ)
※自由立ち見のみ
※対象高校生以下
※入場時全てのチケットにドリンク代として別途500円が必要となります。
6・19HEAT-UP王子大会チケット予約フォーム

【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

kakihara-bokin

B!

You May Also Like