HEAT-UPが麻生区で防犯夜回り活動


HEAT-UP所属選手及びスタッフが12月27日~29日の三日間にわたり、代表である田村和宏の地元付近である川崎市麻生区・柿生中央商店会の防犯夜回りに協力した。拍子木を手にした田村・近藤・兼平は、徐々に打つ手つきも良くなり寒空に響く「火の用心」の声を上げる。その声に地元住民からも「ご苦労様です」と声をかけられていた。商店会の方によると、今年はHEAT-UPの協力があったからか夜回りの人数も多く、防犯に大いに役立ったとの事。
HEAT-UPが麻生区で防犯夜回り活動
HEAT-UPが麻生区で防犯夜回り活動
HEAT-UPが麻生区で防犯夜回り活動

kakihara-bokin


You May Also Like