10・17禅寺丸柿まつり ちびっ子プロレス教室


▼ちびっ子プロレス教室
リング外に希望者を募って開始されたちびっ子プロレス教室。監督役はHEAT-UPの名教官と言ってもいいであろう近藤”ド根性”洋史が務める。まず近藤は子供たちの敏捷性を鍛える。ホイッスルを鳴らした回数によって立つ、座る、ジャンプする等を素早く行わせるトレーニング。
体が温まってきた頃合を見計らい、リングに上がってのトレーニングを開始する。リングに慣れ親しんでもらえるように、マット運動を行わせる近藤。リングに上がったという嬉しさが先行しはしゃいでいた子供たちも、いつの間にか近藤の指示にしっかり従うようになっている。当然危険のないように、子供たちの一挙手一投足からひと時も目を離さない近藤。
初めは出来なかった事が一回出来るようになると嬉しくなる。そうさせる事によってどんどん子供たちに興味を持たせるように導いていく近藤。そんな中で決まりごとをしっかり守らせる事や、チーム分けをしてロープタッチリレーを行わせて競争心も養っていく。
「他のお友達がやっているのをしっかり見る」「話をしっかり聞く」事が大事であると子どもたちに伝える近藤。勿論礼儀に対しても厳しい。だが近藤の言うことを素直に聞いていた子どもたちは、最後にとても元気な声で「ありがとうございました!」と礼をしていた。現在の子どもたちに楽しさと厳しさをしっかり伝えられる、プロレスにはそんな存在でもあって欲しい。
DSC_9356


You May Also Like