8・16HEAT-UP王子大会 全試合結果


【田村和宏試練の全試合出場~いくぞ!新宿FACE~】
日時:2015年8月16日
開場12:00/開始12:30
会場:東京・王子BASEMENT MON☆STAR
観衆:98名

▼ダークマッチ
“燃えろ田村!プラス1~いくぞ、新宿FACE!~”
タッグマッチ 5分1本勝負
田村和宏&△マサ高梨(5分00秒 時間切れ引き分け)△ジューケン&ワユ
ジューケンとワユの希望により急遽決定したダークマッチ。会場人気も高く、最初から館内は盛り上がる。
上背のあるジューケンには少々手を焼いた感じも見られるが、若いワユを捕まえる盟友コンビ。ドロップキックで反撃したワユ、ジューケンも同じ技からニールキック、変形のコブラツイストに繋ぐが、それを高梨が首固めに切り返した時タイムアップのゴング。

▼オープニング
恒例となったてっしー&やぶちんの前説コーナー、8月25日の福島イベントと9月21日横浜にぎわい座、10月11日王子大会が決定した事をアナウンス。ビッグマッチ直前の大会のため、しっかりと9月7日新宿FACE大会をアピールする。
選手入場式では、例によってスーパーJボーイズが田村に絡んでくる。「新宿大会に向けて気合を入れるために全試合に出ます!そして、スーパーJボーイズは今日で終わりです!ぶっ潰してやります!それ程気合入れてます!」田村の挨拶から大会が始まった。

▼第1試合
“燃えろ田村!①~新宿頂上決戦、前哨戦!~”
6人タッグマッチ 20分1本勝負
新井健一郎&PSYCHO&○那須晃太郎(15分23秒 片エビ固め)田村和宏&HEAT-UPの「赤虎」&●近藤”ド根性”洋史
※PK
アラケンがDRAGON GATE大田区体育館大会に出場するため、無宿メンバーが第1試合に登場。9月7日新宿FACEの前哨戦となる田村とアラケン、意識する田村をすかすアラケン。赤虎の四次元殺法、近藤のド根性が田村をアシストするが、磐石のコンビネーションを誇る無宿の連携の前に近藤が捕まってしまう。終盤、近藤のド根性デスロックを那須がクロスヒールに切り返す。万事休すと思われたが、何と近藤はもう一度体勢を切り返す。思わぬ反撃にあった那須は苦悶の表情。
しかしHEAT-UP軍を分断し近藤を捕まえると、アラケンのマンハッタンドロップ→PSYCHOのシザースキック→アラケン&那須のスーパーフットスタンプ→那須の稲妻レッグラリアット、PKに繋いでピンフォール。

▼第2試合
“燃えろ田村!②~討伐!ダブルフェイス~”
シングルマッチ 15分1本勝負
○田村和宏(9分23秒 首固め)●SHINYA ISHIDA
HEAT-UP軍と無宿の乱闘に乗じてISHIDAが田村に襲いかかって試合開始。都合3試合目となる田村に対し、変形のフェースクラッシャー、カウンターのアックスハンドル、チンクラッシャーからスリーパーでグイグイ絞り上げるISHIDA。スタミナを奪われた田村だが、一瞬の飛びつぎ腕十字で反撃。かと思えばISHIDAは流れを食い止めるRKO、一進一退の攻防。
とどめの△(デルタ)ドライブを決めようとしたISHIDAだが、田村がブレーンバスターで反撃。無宿メンバーがISHIDAのフォローに入るが、PSYCHOのパウダー攻撃が誤爆。そのまま首固めで丸め込んだ田村が一気に勝利。
試合後アラケンは田村の背中をパイプ椅子で殴打、そして「田村さん、あんたラッキーだよ。もしメインで俺らとやってたら、新宿の一騎打ちの前にあんた終わってたぜ。ドラゲーの日程に感謝しろよな!全試合出場?前にも一度やってるじゃねえか。ホントお前はいいとこどりの天才だよな!」と語る。そして乱闘のフォローに入ったCHANGOに対してマイクの矛先を向ける。「新宿FACEで復帰が決まったようだけどな、お前のカムバックなんてねぇんだよ…」不気味な挑発を残して無宿はリングを去っていった。

▼第3試合
“燃えろ田村!③~どうなる?小宇宙小戦争~”
タッグマッチ 20分1本勝負
×さくらえみ&里歩(4分56秒 ノーコンテスト)×田村和宏&ウルトラマンロビン
※暗殺宇宙人ザックル星人の乱入により
北千住大会からの遺恨を引きずるロビンとさくら。選手コール時に奇襲を仕掛けたのは我闘雲舞サイド。その後も執拗にロビンを付け狙うさくら。4試合目となる田村が捕まってしまうが、さくらのカットによりロビンは救出に向かえなくなってしまう。ファンタスティックフリップを決めるなど我闘雲舞の連携が冴える中、二人まとめてエースクラッシャーを放った田村が脱出。ウルトラダイナマイトの乱れ打ちで優位に立ったロビンがポーズを決める。と、不気味なテーマ曲が流れ全身黒ずくめの生物がリング内に…一度は退治されたはずの暗殺宇宙人ザックル星人が再び姿を現したのだ!当然試合は不成立となりノーコンテストの判定が下る。

▼再試合
1対3ハンディキャップマッチ 時間無制限1本勝負
×ウルトラマンロビン&さくらえみ&里歩(0分30秒 ノーコンテスト)×暗殺宇宙人ザックル星人
※ザックル星人の見境がつかなくなり収拾つかず
「ザックル星人がなぜまた現れたんだ!?さくら、こうなったらHEAT-UPの平和を一緒に守ろう!」ロビンの叫びに応えるさくらと里歩。因縁を乗り越えた平和を守る心がひとつになったのだ…と思われたが、ウルトラダイナマイトの誤爆をきっかけにまたもやしっちゃかめっちゃかになるリング内。ザックル星人の殺人スタナーで次々と打ち倒されていくロビン達、田村は場外でグロッギー状態になっている。再びノーコンテストの裁定が下る。
と、セコンドの帯広さやかがザックル星人に反撃のドロップキック!見事に宇宙人を撃退した帯広に対しロビンは「君は勇気があるな!宇宙銀河戦士にならないか?」と突然のスカウト。「いや、おびはガトムー所属なので…」と戸惑う帯広、「宇宙銀河戦士オビン…いいじゃないの!」とあっさり了承するさくら。「HEAT-UPの平和?地球の平和?好きに守ってくださいよ!こうなったらね、我闘雲舞と宇宙銀河戦士と怪獣で全面戦争だオラァ!!」さくらの叫びに「新宿でお待ちしてま~す♪」と里歩スマイルを振りまく。果たしてこの三つ巴の抗争はどんな結末を迎えるのか?そしてすっかりこの流れに取り残されてしまった田村和宏の体力は大丈夫なのか??

▼第4試合
“燃えろ田村!④~盟友タッグ&スーパーJボーイズ~”
タッグマッチ 20分1本勝負
○山田太郎&タケシマケンヂ(8分25秒 反則勝ち)●田村和宏&マサ高梨
※フライパンを凶器として使用したため
盟友コンビが入場してくるなり山田がマイクを握る。「YoYoYo、田村和宏!全試合出場とはご苦労なこったな!そんなお前に先手を取らせてやることにした!最初の一撃を無条件で食らってやる。それくらいハンデがあったっていいからな!」と大胆発言。「さあ来なさい!」その言葉が終わると同時に山田の側頭部を田村のジャンピング・ハイが綺麗すぎるほど決まる。ゴングが鳴らされたが、山田が完全にKO状態なためハンディキャップマッチの様相に。高梨は「お前らなにがやりたいんだ!」と困惑気味に攻め込んでいく。
回復した山田、何とかタケシマと交代するがまたもや田村のジャンピング・ハイを食らってダウン。高梨が持参した水を山田にぶっかけて気付けにするほど。何故かこの試合では盟友コンビにブーイングが。「お前らブーイングしたいだけなんだろ!」と高梨が観客に叫ぶ。タケシマのスピアを皮切りに、連携攻撃で盟友コンビを攻め込むJボーイズ。圧巻はキャメルクラッチに捕らえた田村にコムチューブを銜えさせ、思い切り伸ばしたゴムを顔面に叩きつけるハイパーゆーとぴあ攻撃!
盟友コンビを分断させ、村杉レフェリーを何度も巻き添えにして反則勝ちをかすめとる得意のパターンに持ち込もうとするJボーイズ。最後にリング内でフライパンを手にしていたのは田村。ダウンする村杉レフェリーの代わりにてっしーレフェリーが駆け込むと、すかさず田村の反則負けをコール。メインを前に、反則とはいえ自らが敗因となってしまった田村…スーパーJボーイズは死んでいなかった。

▼第5試合
“燃えろ田村!FINAL~いくぞ、新宿FACE!~”
タッグマッチ 20分1本勝負
△田村和宏&アミーゴ鈴木(20分00秒 時間切れ引き分け)△ 岩本煌史&兼平大介
1勝2敗1引き分け1無効試合と、今回の全試合出場で負け越している田村和宏。最後はキャリーオーバー10で有終の美を飾り、新宿FACEに向けて勢いをつけたい所であったが…一度は勝利を挙げている岩本&兼平は想像以上に強靭になっていた。それでなくても5試合を戦い抜いている田村、活きのいい二人を相手にするには荷が重すぎた。
ここでアミーゴのテクニックが光る。しかし田村が出てくるとスリーパーやコブラツイストで捕まってしまう。低空ドロップキックから兼平の足を狙うキャリーオーバー10。アミーゴのジャベや田村の裏STFで兼平を追い込む。耐えた兼平が岩本と交代、持ち前のパワーでアミーゴにお返し。

連携を駆使してアミーゴを追い詰めるが仕留めきれず、田村の足殺しに兼平が捕まる。腕十字で反撃した兼平、あわやの場面を作り出す。試合終盤、カウンターの払い腰で田村をブン投げた岩本は那須を仕留めた肩固めへ。必死で耐えた田村は丸め込み技を連発、しかし重いエルボー一発で田村をなぎ倒した岩本。田村を担ぎ上げ、ドクターボム式のラストライドで叩きつけた岩本だったがここでタイムアップのゴング。あと数秒残っていたら…そう思わせるほど強烈な一撃であった。

▼エンディング
全6試合を戦い抜いた田村は疲労困憊。「同じ人ばかり試合しててごめんなさい。自分に気合を入れるために全試合出ました。付き合ってくれてありがとうございます!やっぱりしんどい!そして、二人(=岩本&兼平)、強い!イサミと宮本に勝てると信じてるよ!勝ってくれ!!頼む!!」とエールを送る。
「俺も絶対新井健一郎に勝ちます!」新宿FACE大会前最後の本興行、自分自身に喝を入れた田村。最後は観客全員と一緒に「王子、ヒートアップ!」で締めくくった。

【プロレスリングHEAT-UP大会後アンケート】

kakihara-bokin


You May Also Like